海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
Prisoner (2009) (3pc) (Ecoa) [DVD] [Import]Prisoner (2009) (3pc) (Ecoa) [DVD] [Import]
(2010/03/23)
James CaviezelHayley Atwell

商品詳細を見る


最終回。

“村の拡大”というスローガンが掲げられ
家がどんどん建てられていく。
そして村にはバスに乗った新しい村人が続々とやって来る。
彼らはどこからバスに乗ったのかも覚えていなかった。

*スマコア社に侵入した6は秘書らしき女性から
カーティス氏に44分後に会う約束があると伝えに来る。
6は女性が村のバスの乗客で海を一緒に見つけた女性だと思い出す。*

村で6は郵便屋からクリニックの予約票を受け取る。
と、突然、具合が悪くなる6。
313の診断で6の余命はわずかとわかる。
6は2に会いに行き、なぜ今になって死亡宣告をと問い詰める。
すると2は村になじんで生きないならば、死ぬしかないと宣告する。
6は死ぬ前に脱出すると宣言する。
そう言ってる間にも6の具合は時計の針が進むごとに
どんどん悪くなっていく。

313は鏡を見ながら別人のような暗い自分を意識する。
そして313は2と意識の中で6のことを会話しながら
暗い自分に支配されそうになっていく。

墓地で909の墓に花を供える11-12に6は
村からみんなで脱出するための協力を得ようと説得するが
11-12には別の計画があった。

時計店の前で咳き込み倒れそうになる6。
そんな6をみかねた147は、深い知識のある男に
会わせるため、6をタクシーで連れて行く。

*スマコア社から出た6を待っていたのは147だった。
黒いスーツを着込んだ147は、6をカースティン氏の
ところに連れて行くため6を車に乗せる。
車を運転しながら147は以前は自分が荒れていたこと
今は世界を見る目が変わったことを6に話す。*

村で6は深い知識のある男のところへ到着する。
何かが近づいている、じっと待とうという147に
6は村に閉じ込めた者が自分たちの意識を支配していると
教える。本当の147は運転中なんだと…。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
6が経験してきたあらゆる試練。
それはある目的のためだった!
2によってあの手、この手で洗脳されようとしていたが
最終回で2は6の死亡宣告という手に打って出る。
まさに2と6の決死の戦い。
それが現実の生活でどういう意味なのかが
要だったんだよね。
過去と未来じゃなくて現実と意識化での平行なストーリーだった!

初回から騙されていたが、けして6=マイケルは
NYから村に身体を移動させられていたのではなかった。
移動されてたのは無意識の意識。
2=カーティス氏の妻へレンの意識の中に
閉じ込められていた。
ヘレンは危険な思考の人物たちの無意識レベルの心を理想郷で洗脳して
良き人物にして現実生活に溶け込ませていた。
その人達はマイケルがスマコア社でスパイしていた人達。

マイケルが辞めると言ってカーティス氏は
彼をヘレンの作り上げた村へ送り込んだ。
しかし長い間、へレンが作っていた村は崩壊しかかっていたんだね。
大きい穴が現れるのが多くなってたしね。
後継者が必要だったんだ。

6がなかなか村になじまず拒否し続け
2は精神力の強い彼こそがNO.1だと宣言する。
それって現実ではマイケルがトップに立つということ。
これはカーティス氏の後継者って意味。

でも6は死亡宣告されても戦っている。
2は犠牲になろうとする313を利用し
6の正義感を利用して彼が拒否できない状況を作り上げる。

一方11-12は母親を窒息死させる。
村の子の11-12に脱出はないのだと知ったから。
彼は命を絶つけれど、これもヘレンの意識の産物。

すべては最終目的のために着実に進められたって感じ。
現実生活の中での313はトラウマによる精神障害者サラだった。
彼女を守ろうとしたマイケルはサラがヘレンの後釜になってしまうとは
気がつく余裕もなかったはず。
全てが終わった時、新たな村の支配者となってしまったマイケル。
しかし1としてのマイケルの目に映る村は
今まで見てきた村とは違って美しく感じるようだ。
一方、ヘレンとカーティス氏は大役を押し付ける相手ができて
現実に戻って幸せな夫婦生活を送れる。

今まで6の心を支配するために2がしてきたこと
北風と太陽を思い出しちゃったな。

それから2が最後に自爆するけれど
これは昔ながらのSFっぽさを感じて結構好き。
まだオリジナルは途中で観るの止まっちゃったけれど
かなりオリジナルとはストーリー展開的には違うと思う。
関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: The Prisoner
編集[管理者用] Trackback(1) Comment(2) 
 
Comment
 

かなりオリジナルとは違ってました~。
オリジナルの、どこに向いているのかわからない、エネルギーに溢れたところがお気に入りだったので、
リメイクの6のやる気なさ(笑)に、いらいらしていたのですが、こういう理由なら仕方ないですね(笑)。
6は、村以前と村での時間が交錯して見えてしまうのだと思ってましたが、どちらも「今」だったのですね。
最終回まで気づきませんでしたよ。
この作りはキライではないので、オリジナルを知らなければもっと楽しめたかも、と思いました。

NAME:カクテキ | 2010.07.05(月) 09:46 | URL | [Edit]

 

Re: タイトルなし

> カクテキさん、こんにちは♪

一回目だけでも方向が違いましたよね。
あはは!そうそうリメイク版てなんか
うっつらうっつらとした流れでしたね。
オリジナルの一回目(しか見てないので・汗)の
最初からすっ飛ばし気味な展開とは大違いでした。
私はリメイク版の混沌とした状況、好きでしたが
オリジナルが好きな方にはきっと、まだるっこしかったかも!

オチにはまさに騙されました~。
無意識の世界とか、突っ込めばいっぱい謎がまだありそうだけれど
満足いく終わり方でした。

NAME:ぽっこ | 2010.07.06(火) 14:27 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback

 

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リメイク版「プリズナー No.6」 視聴終了

ああ、そうだったのかっ! 6が本当にどこかの村に送られたのではなく、あそこは深層意識に作られた理想の村だったのですね。 前回、11-12のお母さんの「(息子に向かって)あなたはここの子だから他の世界はない」でなんとなく想像できたけど。 スマコア社が監視した
ささくれた日々【2010/07/08 13:43】

 

 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。