海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
Closer: Complete Fifth Season (4pc) (Ws Dub Sub) [DVD] [Import]Closer: Complete Fifth Season (4pc) (Ws Dub Sub) [DVD] [Import]
(2010/06/29)
不明

商品詳細を見る


仕事が暇だったブレンダは久々に手の込んだ料理を上機嫌で作る。
帰ってきたフリッツはその様子に手に持っていた箱を
慌てて棚に隠すが、ブレンダはしっかり見ていた。
箱の中身は獣医から引き取ってきたキティの遺灰。
フリッツはブレンダに隠し切れずに中身を見せる。
ビニール袋に入った遺灰を見て気を落とすブレンダに
フリッツは骨つぼのカタログを見せる。
しかしブレンダは骨つぼに入れるのは反対だと
とりあえず、キティの遺灰をタッパーに入れる。
あとでキティが愛した場所に遺灰をまくつもりだ。
だがキティがいたのは家の中。フリッツは反対する。

仕事と私生活を分ける約束だったが
食事中、フリッツは一ヶ月前から所在のわからない
オースティン・ブレアという男を捜すのを
ブレンダに内密に手伝って欲しいと持ち出す。
たいした頼みじゃないとブレンダは引き受け
ポープに了解を得る。

プロペンザは高級紳士服のバイヤーでガールフレンドの
ローレンを職場に連れて来る。
それを面白く思わないフリン。

ポープに頼まれテイラーが資料を取り寄せるが
ブレンダは捜索資料がないことに疑問を持つ。
テイラーによると捜索願を出したのがオースティンの恋人トラヴィスで
一ヶ月前オースティンはパーティーに行き姿を消していた。
テイラーもフリンもトラヴィスがオースティンの浮気を疑い
捜索願を出したのだと決め付ける。
そんな2人をブレンダは嗜める。

サンチェスの調べでオースティンの所有者はメルセデスのSUVで
薬物関連で2度の聴取があるが逮捕はされていなかった。
ニューヨークやマイアミ等で去年までカードを派手に使っていたが
失踪後に使った形跡はなかった。
シルバーレイクに本人名義の家を所有していた。

死体安置所に特徴が一致した遺体が4体あると連絡が入り
ブレンダはガブリエルと確認しに行く。
こっそり内密の調査をしていたはずだったが
検死官によれば失踪者捜索課にばれてしまったようで
ブレンダは困る。

検死官の話によるとオースティンが失踪した日は
月一度に行われるゲイの定例パーティー“ヘルA”が行われていて
薬物中毒で死亡するケースが多く、オースティンも同様に死亡し
身元確認ができず遺体が安置されていた。
ブレンダがオースティンの遺体を見つけた矢先
フリッツがムーア特別捜査官を連れて死体安置室に現れる。
フリッツは内密という約束が破られ不機嫌だった。
オースティンの遺体からはGHBというドラッグと
アルコールが検出されていた。

失踪事件から殺人の可能性のある事件となり
ブレンダは、市警が捜査理由を知る権利があると
フリッツに主張する。
しかしフリッツたちFBIが情報を教えようとしないので
急遽、特捜班は宣誓書類にサインをし
代理捜査員としてFBIに加わることにする。
契約の有効期限は48時間。
しかしフリッツたちは何も情報を教えようとせず
ブレンダたちはイライラが募る。

ブレンダはオースティンの義理の父親のドクター・ブレアを呼び
オースティンの死を告げる。
ドクター・ブレアはまたオースティンが
問題を起こしたのかと思っていたが、彼の死を知らされ
忙しいと怒り心頭で帰っていく。

特捜班はオースティンの家を家宅捜査し
多額の現金と冷蔵庫のペットボトルに入っていたGHB
そしてフリッツの名刺を見つける。

++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
キティが亡くなって気を落とすブレンダ
可哀想にと気持ちが暗くなるはずだったけれど
不謹慎と思いつつ笑っちゃうシーンが多かった。
特に遺灰をキティが愛した場所にまく!って意気込むブレンダに
キティがいたのは家の中だったろってフリッツが言うシーン。
これが犬で裏庭が寝床だったら別だったんだろうけれどね(苦笑)
タッパーに入った遺灰のキティは
ブレンダのバッグに入れられ、仕事場へ行かされ
結局、ベッドの上に置かれる羽目になったけれど
まあ、連れまわされるより安心な場所ではあるよねぇ。
キティの名前をめぐって、ハワードかジョンソンかでも
気になるなんて、あくまでキティはブレンダの猫ちゃんなんだろうけれど
彼女にしたら、ちょっと意地張りたくなっちゃったのかもね~。

それにしてもブレンダって料理を作るとなると
かなり頑張っちゃうんだな(笑)
たまにだから張り切っちゃうんだろうけれど
その気持ちわかるな(汗)
その料理を食べながらのフリッツのお願い事。
いつも頼むほうのブレンダとしては約束があっても断れないよね。
それに捜索の手伝いって、たいした事件じゃないと思ってたし。

ところがフリッツ、ブレンダに嘘をついてたんだね。
ただの失踪者じゃなかった。
しかも、かなりブレンダの性格をわかってるフリッツならではの
作戦だった気がする。
彼女を巻き込めば、自分たちでは動きにくいところも
ちゃんと最後のケリまでつけてくれるって。

ということで、内通者のオースティン
殺害した犯人を捜すために、ブレンダはFBIにまで入る。
ただし期限付き。フリッツたちは情報をあまりというか全く出さないし
ブレンダはFBIのルール無視、情報を引き出すために嘘をつくことをしてまで
真相を掴もうとする。
彼女のバイタリティーって素晴らしい。
今回フリッツとムーア捜査官て、ほんと駄目捜査官にしか見えなかった。
ちなみにムーア捜査官役ってスターゲイト・アトランティスで
御馴染みのロドニー・マッケイ役David Hewlett
マッケイみたいな役どころだった。

FBIが掴みたかったのは、麻薬の製造者。
一方ブレンダが捕まえたいのはオースティン殺害犯。
最後はお互い犯人を交換でめでたしで終わり。

ブレンダがトラヴィスに渡したお金。
そこまで彼のことを考えているなんて。
愛する者を亡くしたトラヴィスの気持ちが
キティを亡くしたブレンダの心を揺さぶったんだね。
ちゃんとトラヴィスが大学に行ってくれるといいな。

プロペンザはこのところご機嫌だと思ったら
わかーい恋人ができてた。
高級紳士服のバイヤーなんてちょっと裏がありそうだけれど
今のところプロペンザ幸せだしね~。
ブレンダがひやかすサンチェスたちを嗜めるのは良かったな。
バズは見たくないもの見ちゃったけれど(笑)

そしてキティもやっと成仏かも。
嫌がっていたブレンダも遺灰を骨つぼに入れて写真の側に。
その位置はテレビが観られる位置で
ブレンダとフリッツがキティのために見ようと選んだビデオは
「チーター対ライオン」の死闘物語か
「アマゾンの鳥たち」の家族愛ものか
もちろん選んだのは家族愛だった。
キティからして家族愛と言うよりはエサ?(汗)
いかにも猫が喜びそうだとは思った(爆)
関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: The Closer
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。