海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
スパドラで始まったジェリー・ブラッカイマー製作総指揮の
法廷サスペンスドラマ。
特色は主人公が生まれたばかりの娘を持つママさんてこと。
(シングルマザーではない)
育児と仕事を両立させようと苦悩しつつ事件を解決していく。

第1話「職場復帰」Pilot

インディアナポリス。
検察官のアナベスは娘を出産し3ヶ月間の産休をしていたが
晴れて職場へ復帰する。

そんなアナベスの復帰後初めての事件は、アナベスの近所の
マクニール家で起きた火災事件だ。
消防士によって母親のモリーと2人の子供が救出されたが
モリーが子供ごと家に放火した容疑がかけられている。
モリーは事故だと主張しているが家中にシンナーがまかれており
明らかに放火だった。
モリーの息子で10歳のソニーと8歳の娘ケイトは共に軽傷で
命に別状はなく、父親のカートは仕事で出火当時不在だった。
アナベスは例え無理心中にしろ、子供を巻き込んだモリーに
強い怒りを覚える。

アナベスは主任検事のスティーヴに、搾乳したミルクを保存するための
冷蔵庫を自分のオフィスに欲しいと要求する。
しかしそこで同僚だったモリーンが
自分の直属の上司になったことを聞かされ
アナベスは大ショック。

モリーは放火と殺人未遂2件、育児放棄で審理にかけられる。
裁判所の廊下でカートに呼び止められたアナベス。
カートは妻は放火などしていないと言い
いい母親で「妻を告訴しない」とアナベスに言う。

アナベスはモリーの公選弁護人のジェフリーから
司法取引を持ちかけられる。
最初は撥ね付けていたアナベスだったが
モリーに会い、モリーと子供たちが
カートから虐待されていたことを聞き
真相を突き止めるため調査を開始する。


第2話「救命」Miranda

大学のパーティーで酔って気分が悪くなったエイミー。
外で休んでいたところに同じ大学のデリクが声をかけてきて
エイミーに水の入ったペットボトルを渡す。
エイミーは水を飲んだがクラクラし
デリクに寮に車で送ってもらう。

エイミーの失踪から3日後。
友人や家族が必死に捜索するもののエイミーの行方はわからず
ニュースで両親はエイミーをさらった誘拐犯へ
娘を返すようメッセージを流す。
警察はエイミーと最後に一緒にいたデリクを容疑者として捜査。
デリクの車から証拠がいくつか見つかるが公表はしていなかった。
さらにデリクのPCにエイミーの写真が100枚以上あるのを見つけ
ブランチ刑事はデリクの逮捕に踏み切る。

アナベスはエイミーの事件を担当することに。
目立たないデリクはエイミーの近所に住んでいて
小学校時代からエイミーのことを好きだったらしい。
エイミーが失踪して3日、失踪者は48時間以上たつと
発見率は低くなり、エイミーの命が心配だ。

ブランチ刑事は状況証拠だけだが、長年の経験から
デリクの犯行だと確信。
エイミーも生きていると思っていた。
だがデリクの尋問を試みるも、デリクは状況を楽しんでいて
自白をしなかった。
アナベスは苦渋の決断で弁護士を望むデリクの要求を無視する。
弁護士の同席がなければ証言や証拠は法廷で使えないが
エイミーの命を優先に考えた結果だった。

モリーンは飲酒運転で人を死なせた事件のことで
スティーヴに相談する。
加害者は優秀な刑事で、同僚のマーゲイト刑事に
血液検査でアルコールを調べるよう指示したが
マーゲイト刑事はその指示を無視し
アルコールは分解されてしまった。
マーゲイト刑事もまた優秀な刑事で
モリーンとは多数の事件で協力してきた仲だったため
モリーンはマーゲイト刑事の責任の追及に悩んでいた。

++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
女性が主役の法廷もの…というわけで
クローザーみたく、魅力的なオヤジたちが
群がってるとテンションも上がるのだけれど(爆)
ゲストにかけるしかないのかな…って見かたが違う?(汗)

アナベスの旦那さんがレバレッジのエリオットだったのが救いか…。
でもジャックはエリオットというより「エンジェル」の弁護士に
風貌が近い。
どうも意地悪役とかのイメージが強いから
アリソンの旦那さんのジョーとかメリンダの旦那さんのジムとかの
理解のあるいい旦那さんってイメージにはまだなれないな。

復帰後初出勤で、緊張もすごかったろうな。
同僚が上司になっていたり
子供の迎えが予定とうまくいかなかったりで
ついに涙が止まらなくなってしまったアナベス。

子供がいても関係ないと上司に言ってたけれど
やっぱり娘がいるからわかるって気持ちは正直なところ。
その気持ちが第2話のエミリーの命優先の決断に関わってくるけれど
弁護士を同席させないと、証言とか証拠が使えなくなるなんて
初めて知った。
弁護士は疑われた人の権利で検察は拒否できないんだと思っていた。

警察の努力があっての検察だった。彼らの必死の捜査がなければ
犯人は野放し。これだけは嫌だものね。

第1話目の虐待夫カート役の俳優さんは
デクスターのご近所さん。
鍵をこじ開けて逃げられないものかと思うけれど
警備会社社長じゃね、無理かもね。
こちらも野放しされたら嫌だし。

モリーンはアナベスが言うほどゴマスリには思えないけれど。
事故の被害者を助ければ、加害者刑事たちが担当している
事件の被害者が救われない。
もうちょっと踏み込んでこっちの事件に重点置いても
良かったかも。
関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: その他のドラマ
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
 
Comment
 

No title

一つの事件をとても丁寧に扱っているけど、特に2話目など考えてないで早くみんなでエイミーを探しに行こうよとイライラvしてしまいました。
今までにあまりにも犯罪捜査ドラマを観過ぎているので、つい比較して突っ込んでしまうので…やはりもう少し警察もしくは担当捜査官との連携が欲しいです。検事だけではどうにもならない部分だし。ついでに自白を引き出すテクニックはブレンダの方が上手だし(苦笑)これからアナベスも腕を磨くことでしょう。

でもゲストオヤジには多少期待できるかな?
きっと素敵なダンナ様がまだエリオットにしか見えません。
家ではあんなにアナベスに優しくても、外に出ると誰でも叩きのめしてしまう詐欺師なのかと思うと…早くイメージを切り替えなくちゃ。

NAME:Garoto | 2010.08.22(日) 11:46 | URL | [Edit]

 

Re: No title

>がろとさん♪

最近スピーディーな番組ばかりを観ているせいか
私も流れがゆっくり感じます。

そうそう、弁護士云々も大切だけれど
エイミー捜索が何より大事ですよね。
検察ってSHARKみたいにチームで動いているなら
ああ、今こうしてるんだなって思うけれど
検察は検察、警察は警察って感じが強いです。
今回、証拠が見つかったのはほんとラッキーでしたが
SVUなら証拠が見つからず後味残したろうなとか
考えてしまいます。

エリオットの旦那様ぶりも
だんだん慣れて観られるでしょうか(笑)

NAME:ぽっこ | 2010.08.23(月) 17:35 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。