海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
シーズン・フィナーレ。
ユニバーサル・チャンネルは早くもS2の宣伝を
始めているけれど、まだアメリカで放送されてないし
当分、先になりそう。
じっと我慢の“子”じゃなくて“ババ”(笑)

オードリーは自分の足の裏にある傷が
ルーシーがかつて負ったという深い傷跡と
同じだとはっと気がつく。
彼女はその意味する答えに深く悩む。

その頃、ショーシャンク州刑務所から一人の男が仮出所し
海岸で悩むオードリーの前に姿を現す。
へイヴン出身だという男は、ここは譲れない特別な場所だと
オードリーに言い残し、次にデイヴたち兄弟の新聞社に向かう。
デイヴは男をマックスと呼び、久々の再会にも関わらず
デイヴの表情は固く、仕事が欲しいというマックスの頼みを
きっぱりと断る。
しかしマックスはデイヴの言葉を無視し、1~2週間後から
勤めに来るが、その前に片付ける事があると言い立ち去る。

“グレイ・ガル”に姿を現したマックスは
食事に来ていた署長に挨拶をする。
不意をつかれた署長はマックスの姿に驚き顔を強張らせ
マックスにメイン州全域から出て行け、出て行かないなら
仮釈放違反で刑務所に送り返すと脅すが
マックスは動じなかった。
署長がグレイ・ガルを出て行った後
海辺の灯台が崩れ落ち、マックスは不敵な笑みを浮かべる。

オードリーは出勤したものの落ち着かず自宅へ帰る。

その後、マックスはデュークの船に仕事をもらいに姿を現す。
マックスはデュークに金を貸している刑務所仲間からの
紹介だと告げ、デュークに仕事を要求するが
マックスの態度が気に入らないデュークは要求をはねつける。
それにデュークはマックスの顔に見覚えがあった。
マックスは25年前にある一家を殺害した犯人だった。
デュークはマックスを力づくでも追い返そうと思うが
その時、マックスの腕に迷宮の入れ墨を見つけ
予知どおり自分を殺しに来たのだと思う。

マックスが帰った後、デュークはオードリーの家に
入れ墨のことを知らせに行く。
だがオードリーは誰とも話したくないと家に篭り
彼女を心配して訪れたジュリアにデュークは
言伝を頼む。

デュークのことをジュリアから聞いたオードリーは
マックスに会いにグレイ・ガルへ行く。
入れ墨のことは、はぐらかされてしまったが
ウエイトレスがマックスにこぼしたコーヒーが熱いのに
マックスがまったく感じてなかったことを
後になって知り、オードリーはネイサンとマックスが
血縁者ではないかと気がつく。

++++++++++++++++++++++++++++++
 
ほんと面白くなってきた。
謎が明かされつつもさらにそこから謎が深まるって
展開になってきていて、この先が早く知りたくなっちゃう。

ドラマが違えばHEROESにもなれたのにって思うような
特殊能力を持った人達。
このドラマでは“受難者”って呼ばれているけれど
毎回、毎回登場してきて、それは一話完結で終わってきた。
縦軸はオードリーと彼女の母らしきルーシーの謎。
そこへ感覚がない、“受難者”の一人ネイサンが刑事の
相棒として事件解決に関わってきた。

ネイサンの父親はヘイヴンの警察署長で頑固者。
この町では昔から災いがあり“受難者”の存在は
いても不思議ではなかったため、署長も普通ならあり得ない事件の結末に
同意してたけれど、本人自身もまさか“受難者”とはね…。
しかもオードリーがヘイヴンを訪れたときから起こっていた亀裂は
署長が起こしてたものだった!
動揺したりすると起こるらしいが、灯台というか見張り台?が
倒壊したのはマックスの能力と思ってたら署長だったとは…。
制御できない能力で最後の力を振り絞って
町の崩壊を止めたけれど、自分は粉々になってしまった。
でも、あの様子だとまたくっつきそうな?

父親はコロラド・キッド殺しの犯人?
一家殺人を犯したというマックスが本当の父親と知ったネイサン。
育ての父親を失う時に、署長をどんなに愛してたか
気がついたんだね。
でも本当にそんな残虐な男だったのかな?マックスって。
もっと引っ張るかと思ったら、あっけなかった最期だったな。

マックスの腕にあった迷宮の入れ墨。
デュークはついに自分が殺されると思って焦りまくり。
今回は違ったけれど油断ならない。
だってあの入れ墨している人ってヘイヴンにはいっぱいいるみたいじゃない?
ジュリアはデュークに厳しすぎると思うけれど
好きだった人が密輸犯になってたって考えたら
やっぱりガックリしちゃうのも当然なのかもね。

それからマックスがビンスを脅した時
ビンスももしかしたら“受難者”で結構大きい力持ってるのかも?と
2人の会話から思ってしまった。
デイヴとビンス、最初からオードリーが何者か知ってたんだね。
デイヴは自分たちは生きている、関わらないほうがいいって
ビンスに言ってたけれど、オードリー=ルーシーなら
彼女は死者なの?
だからカメレオンに殺されなかったのかな。
ネイサンがオードリーにだけ感じるのは幽霊の霊気?
んん~ちょっと怖いぞ!(笑)

署長がしっかりと町を守ってきたけれど
彼がいなくなったら、なんとあの感じ悪い神父がしゃしゃり出てきた。
彼らはルーシーのことを良く思ってなかったんだ。
入れ墨は何かの集団か組織の明かしなんだろうな。
ジュリアの祖父はその入れ墨をしてたのに
ジュリアは集団なり組織とは無縁なのかな?
ちょっと疑ってみたりして(汗)

この先は謎を残したまま、首を長くして待たなければならないなぁ。
関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: その他のドラマ
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。