海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
Criminal Minds: Fifth Season [DVD] [Import]Criminal Minds: Fifth Season [DVD] [Import]
(2010/09/07)
Shemar Moore、Matthew Gray Gubler 他

商品詳細を見る


地下室に閉じ込められ、ベッドの上で出産したばかりのクリスティ。
そこへ男が現れ、女性が懇願するのも聞かず
生まれたばかりの赤ん坊をどこかへ連れて行く。

残業していたJ.Jに帰宅するよう言い、オフィスに戻ったホッチは
ストラウス部長がいるのに驚く。
ストラウス部長はホッチの報告書にいくつか問題点があったと言う。
2人のやり取りが聞こえてきたJ.Jは、ストラウス部長が帰った後
心配してホッチに声をかける。

翌日、出勤する途中のモーガンは、ホッチから何度も
送った新着の事件資料を見るよう指示した携帯メールが入る。
メールはモーガンにしか来てなかった。
モーガンがホッチに会うと、ホッチはモーガンの意見を聞きたがった。
しかし、そこへ事件の連絡が入る。

3年前、薬物依存症の家出人クリスティがファーミントンで失踪したが
昨日、リオランチョのフリーウェイで遺体となって発見された。
クリスティはレイプされ、手首と足首には鎖で縛られた跡があり
死因は窒息死だった。
この5年間でクリスティは3人目の被害者だった。
共通点はブロンドのハイティーン。
犯人は性的サディストだと思われたが
被害者が殺害されるまでに2年間と期間があいていて
犯人は衝動を過度にコントロールしていることから
ロッシはサディストのプロファイルにはあわないと感じ
同一犯なのか疑問視する。
さらに被害者たちは妊娠して出産し、その直後、殺害されていた。
ホッチは犯人が被害者たちに求めているのは母性だと推測する。

ホッチたちはアルバカーキに向かう飛行機の中で犯人の動機を考える。
思いつくのはブロンドの女性にふられたか
子供を生むのを拒まれたのか、チームでいろいろ考えたが
どれもしっくりいかなかった。
赤ん坊の遺体は発見されてなく、犯人の狙いは赤ん坊のほうなのかも
しれなかった。

アルバカーキの検死室。
ホッチとロッシは検死官から、クリスティが何度も
流産していたことを聞きだす。
モーガンの調査では、被害者の3人は逮捕歴があり乱れた生活を送っていたが
誘拐後に何故か健康的になっているとホッチとロッシに報告する。
検死官によればクリスティから流産防止と母乳促進の薬物が検出された。
これらのことからロッシは、犯人は母親を殺して性的快感を得るが
子供は守るのだろうと考える。
モーガンは、ニューメキシコは国境が近いことから
犯人の目的は子供の人身売買と推測する。
ホッチは児童保護局に連絡し、子供のブラックマーケットについて
調べることにする。

プレンティスとリードはクリスティの遺体発見現場へ行く。
遺体はファーミントンからリオランチョまでと
遠くまで運ばれたのに隠そうともせず無造作に捨てられ
リードは引っかかるものを感じていた。
リードは赤ん坊に関係してこの場所を選んだのかもと考える。

+++++++++++++++++++++++++++++
 
ホッチが前回、警察が犯人にどうするのか知っていて帰ってきたけれど
上司は問題視していたんだね。
上司が来た後、ホッチはモーガンにある事件について
どうプロファイルするのか、せっつき始めた。
理由もわからずホッチからプロファイリングに対して
文句を言われちゃうし、モーガンはたまったものじゃなかった。
でもこれもそれもモーガンを信頼してたからなんだね~。
次のリーダーはモーガンしかいないって彼を認めていた。
で、えぇ~!?
次のリーダー!?
そう、ホッチはあの疫病神のリーパーに襲われて以来
上司たちから目を光らされていて
ここんところのホッチの判断を疑問視されていたんだよねぇ。
あんなことあった後だし、モーガンだって心配してたけれど
仲間と違って上司の目はとりわけ厳しい。
ホッチの報告書に問題があると言って、彼を他の部署に飛ばそうと
考えた。
ホッチはBAUから離れたくない。
仲間も大事だろうけれど、リーパーを自分で追い詰めたいだろうしね~。
で、選んだ道が自分がリーダーから降りること。
そうすればBAUにいられる。
苦渋の決断だよねぇ。
それにしてもすっかりホッチのリーダーになれてたから
今度からのモーガンのリーダーぶりはどうなんだろう?

そして今回の事件。
女性を監禁してレイプし妊娠させ出産までさせて
子供が生まれると殺してしまう犯人。
赤ん坊は生きてるらしいし、サディストなのか違うのか
BAUのプロファイルも悩むところ。
かなりプロファイルに苦戦していたBAUだったけれど
それもそのはず、犯行には2人の思惑が絡んでいたから。
レイプ犯は確かに性的サディストなんだろうな。
そして子供が欲しいもう一人の犯人は母性から。
生まれた赤ん坊が男の子だと手元に残し
女の子だと教会に捨てる。

サディストの夫と結婚してしまった妻もまた
被害者なんだろうなぁ。
夫に痛めつけられ、その後は病気。
彼女たちを誘拐して監禁したのは、夫の要求を満たしつつ
自分の熱望する子供が得られる方法ってわけで
憎むべき犯罪だけれど
妻も夫に精神的に追い詰められてたわけだし
病気だって影響しているだろうし正常な判断ができる
状態じゃなかったかも。
こういうケースをアナベスとかが担当したらどうなるのかな?

せめてもの救いは殺された被害者が生んだ赤ん坊が生きてたこと。
ただそれを知った被害者の両親は孫を引き取りたいと思うけれど
育ての親の気持ちもあるしね。
J.Jは血のつながった祖母たちのほうに権利があると言い
ガルシアは育ての親の気持ちに同情。
どっちの意見も最もだよなぁ。
個人的には子供が実の親と慕って幸せに暮らしてれば
育ての親から引き離すのは可哀想だと思うけれど。
でも最後はいい方向で落ち着いてくれて良かった。
心配なのは犯人たちに育てられてた子供。
精神が歪んでないといいなぁ。

関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: Criminal Minds
編集[管理者用] Trackback(1) Comment(2) 
 
Comment
 

 こんばんはっ♪
 今回一見酷い犯罪だった割には、被害者の末路の書かれ方がソフトだったので、観終わり感はそれ程嫌なものではなかったですね。
 確かに教会に捨てられた女の子達はまだしも、あの男の子が心配ではありますね。ただ、あの真犯人の妻が子供に対しては心底愛情を注いでいたみたいなのがせめてもの救いでしょうか。
 これからモーガンは大変そうですね~。お目付け役が2人もいるし、リードも、エミリーもガルシアもいろいろ意見してきそーですよね(笑)TBさせて頂きますっ♪
 

NAME:jan | 2011.02.26(土) 20:23 | URL | [Edit]

 

Re: タイトルなし

> janさん、こんにちは♪

祖父母や養父母が優しい善良な人達そうだし
終わり方としては未来に期待できて
いつもよりは悪い余韻ではなかったですね。

ゆがんでしまった母性愛ですが、あんな夫と結婚しなければ
きっと優しい母親として暮らせていたかもと思うと
あの夫が憎たらしいです。

モーガン、最初は慣れなくて大変でしょうね。
ガルシアにお尻叩かれたりして(笑)
でもいいチームなので苦しみながらもまとまって進んでくれるかな
って期待してます。

TBありがとうございます♪

NAME:ぽっこ | 2011.02.28(月) 10:18 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback

 

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クリミナルマインド S5

5話っ♪  以下ネタバレ  何かの依存症を持った家出少女(金髪・青い瞳)をレイプし、妊娠させ、子供を出産したら殺して遺棄。産ませた子供は奪っていくという事件。  死体が発見されたのは...
観たよっ♪【2011/02/26 20:24】

 

 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。