海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
反撃のレスキュー・ミッション (ハヤカワ文庫NV)反撃のレスキュー・ミッション (ハヤカワ文庫NV)
(2008/10)
クリス ライアン

商品詳細を見る


アフガニスタンでタリバンと戦闘中のアメリカ軍。
イギリスの空軍はアメリカ軍の援護のため
タリバンに向けてミサイルを発射するが
誘導システムの何らかの誤作動でアメリカ軍を襲ってしまう。
先月は、アメリカ軍を同じような誤作動で着弾することが4回あった。
イギリス空軍の地上援護は当面中止となる。
この事態にアメリカ側は説明を求めていた。
ダニーによれば空軍本部が、電気信号を確認した。
現場近くでハッキング不可能なはずの誘導システムが
タリバンにハッキングされたのだ。
事態は重く、セクション20は早急な対処法を考えなければならない。

またヘルマンドで敗戦が続き、コリンソンは敵に
有能な指揮官が現れたと推測する。
もしそうならば指揮官を止めなければ劣勢は続いてしまう。

レイラはジェラルド・バクスターという男の情報を調べてくる。
バクスターは2003年当時、イラクで民間企業に勤める契約技師で
ミサイル誘導システムソフトを開発していたが
バクスターの手違いで、サマラの村をミサイルが直撃し
多数の女性や子供たちの死者を出してしまった。
その後、バクスターは精神不安定となり、イギリスに帰国したが
PTSDと診断され入院した。
現在はアフガニスタンにいるようだ。
バクスターの記録は2005年9月以降から現在までなく
コリンソンはバクスターの情報を集めるようレイラに指示する。
そしてポーターにはバクスターを見つけ身柄を確保するよう
指令を出す。

ダニーに手伝ってもらい、武器の知識を頭にたたきこみ
武器商人としてヘルマンドへ潜入したポーターは
まずヘルマンドの政府と接触、その後、建物を出たところで
袋を頭に被せられ拉致されてしまう。

ロンドン駐在のアメリカの武官アーリントンが
セクション20を訪れ、この作戦の連絡役になると言う。
今回の事態には大統領の威信がかかっている。
だがコリンソンは自分たちで事態に対処できると言い切る。

トラックに乗せられたポーターは戦地にいるユーセフという
男のもとまで連れて行かれる。
ユーセフはポーターにいくつか難しい質問をし
本当に武器商人か確かめ、とりあえず信用する。
だがポーターの態度にユーセフは怒り
「武器を売りたい相手はこの国には一人だけだ。」とわめき始める。
ユーセフはボスの名前を言いかけ、その名前を知りたがるポーターに
銃を向けるがその時、トラックを見張っていたアメリカ軍が
攻撃をしかけてくる。
ポーターとユーセフはアメリカ軍に捕まってしまう。

その頃、セクション20ではバクスターの新しい情報がわかる。
バクスターは2005年に家族と共に痕跡も残さず行方不明となり
コリンソンは政府が関与していると確信する。
しかしバクスターがMI5やMI6に雇われていたら
精神状態が不安定なままを知っていて雇ったこととなり
アメリカがバクスターを法廷に引きずり出したら
イギリスは糾弾されてしまうだろう。

その後、アメリカ軍の通信を傍受していたセクション20は
アメリカ軍が西洋人2人の身柄を拘束したと知る。
それは写真からポーターと、バクスターだとわかる。
バクスターはユーセフと名前を変えていたのだ。
コリンソンは渋々アーリントンに協力を求めるが
何故かアーリントンは、捕らえたのはバクスターだけだと言い張る。

入院していたスティーヴンの容態が急変しレイラは
コリンソンの疑惑を解明するため行動に出る。

+++++++++++++++++++++++++++
 
このままシリーズ化して、腹の探り合い状態の
主人公2人のチームをもっと観たいなぁって
思っていたけれど、残念、3話目にして
コリンソンへの疑惑が真実なのか否かが解明される。

アフガニスタンでイギリス軍が援護のため撃ったミサイルがアメリカ軍に誤爆し
アメリカ兵士が命を落とす。
原因は、ハッキング不可能なはずのミサイル誘導システムが
タリバンにハッキングされたらしい。
大国のアメリカはイギリスに説明を求めてきていて
セクション20がこの問題解決にあたる。
調査を進めていくと、これにはかつてミサイル誘導システムの
ソフトを開発していた民間企業の技師バクスターが絡んでいた。
バクスターはかつてソフトの手違いで民間人の村にミサイルが直撃し
多数の死者を出すという過去があった。
バクスターは自責の念から精神を病み
イギリスに戻って入院したものの、その後の消息を家族と共に絶っていた。
コリンソンはバクスターが、現在アフガニスタンに現れるまでの間
イギリスの秘密情報局に雇われたのではと推測する。
しかし、そうなればアメリカは精神の病んだバクスターを雇ったイギリスを
糾弾するに違いない。

一方ポーターは付き合っているダニーから
武器の情報を教えてもらい頭に叩き込んでから現地へ潜入する。
武器商人じゃないとばれたら命はないけれど、難しい言葉が多くて
覚えるのは苦戦そう。
それでも現地へ潜入し、戦地で戦うリーダー的男に会うが
彼はユーセフと名乗っていたもののバクスター本人だった。
ポーターはその後、アメリカ軍に捕まってユーセフが写真を
撮られるのを嫌がっているのを見て気がついたのかも。

コリンソンはアメリカ軍にポーターとバクスターが捕まったことを知るが
アーリントンはポーターを捕まえたことを否定。
それはポーターを殺す気だったから。
ポーターもアメリカの態度がおかしいと気がついて
バクスターと共に逃げるけれど、そこでアメリカ兵士を殺してしまった。
のちのち、この代償は大きいとわかる。
ちょっとネジがゆるんだバクスターは凶暴で
でも家族のことは思い続けている。
武器商人とバクスターに思わせたまま、逃げた2人は
バクスターのボスの下へと向かうけれど…。

バクスターは確かに精神が病んでいるけれど
それに騙されちゃいけない相手だった。
ポーターが危険な状態で見せる決断力や行動力から
彼がただ者じゃないって気がついていたんだから。
ボスの下へ向かうまでの珍道中?では
ポーターはあくまで敵なんだよね、バクスターにとっては。

一方、7年間の闘病生活ののち、スティーヴンが死亡。
あれからずっと目は開いているけれど意識のない状態だったんだね。
レイラは早速、スティーヴンの頭に残っている銃弾を調べ
コリンソンのなのか調べる。

結末へ向けてのステップだよねぇ。

アメリカ軍は裏でバクスターのボスと取引。
すべて政治。こっちをとってあっちを捨てる。
それを知ったコリンソンはアーリントンを脅すところまでは
なかなかだったけれど、結局、アーリントンをなめてかかっていたんだよね。
逆にアーリントンに大国アメリカってことを思い知らされ表情が青ざめる。
コリンソンってリーダーとして大黒柱的な部分は望めないな。
ズルさや弱さが時として見えてしまう。

ポーターとバクスターの次の珍道中で友情が芽生える。
バクスターは自分がしたことで自分を狂気へと追い込んでしまった。
ポーターにはそうなるなよって。

そして大詰めの展開。
レイラは弾の分析結果から真実を知って、コリンソンを戦地へ追い立てる。
ポーターの命を救うためだ。
そしてコリンソンとポーターはついに対決。
そして明かされる真実。
コリンソンもまた苦しんでいたんだ。
コリンソンはポーターへの謝罪の気持ちから彼の家族を
手助けしたりしてたんだと思うな。
反面、ポーターが真相を気がつき始めて、邪魔な存在にもなったけれど
ポーターへ悪いって気持ちもあるから、かなり複雑だったみたい。

ポーターはこれからどうしちゃうんだろう。
せっかくダニーと幸せになれそうだったのに。
観終わって、ああこれで本当にお終いなんだろうなって思う反面
コリンソンのこと抜きで物語りは続けるかも?って期待も。
でもコリンソンとの関係があってのドラマだったしなぁ。
関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: その他のドラマ
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
 
Comment
 

ぽっこさん、こんばんは。
全話見ました~。
最初に想像していたのと違って、現代版「炎の英雄シャープ」みたいなドラマだなって思いました。
しかしコリンソンが最後あんなことになるとは…
かなりショックでした(泣)
考えようによってはポーターより彼の方がずっと辛かったかもしれないですね。
現場経験の少ない彼を一人で行かせるレイラも鬼だ(T T)

S2の製作、決まってるそうですよ♪
アサドがいまだ消息不明なので、彼がまた話に絡んでくるかもしれませんね。
でもコリンソン抜きだと寂しいなぁ…ゾンビドラマの続きはいつかしら(違)

NAME:Ayano | 2011.03.04(金) 00:00 | URL | [Edit]

 

Re: タイトルなし

> Ayanoさん、こんにちは♪

「炎の英雄シャープ」観てなかったのですが
(主役の俳優さん、ロード・オブ・ザ・リング観て好きだったのに)
こんな感じのドラマだったんですね!
面白かったのかも…。

コリンソン、ちょっとあのイメージのまま
ゾンビドラマに持ち込みたくないですね。
彼がゾンビで出てきそうって思っちゃって(^▽^;)
ポーターの罪悪感は解決できなくても
コリンソンは秘密をばらすことで少しは楽になれたのに
それができずにいたわけで、常に気持ちが葛藤してたのかも。
根は悪い人じゃなかったって思いたいです。

レイラの仕打ち、女って時には鬼になれますね…。

S2製作するんですね~~!!
ヤッター!!
アサドの消息不明って、気になってました。
コリンソン抜きなのがやっぱり残念です。
S2作るなら、まだ疑惑を持ち越していけば良かったのに、とも。
でもポーターあのままだったら浮かばれませんよね。

NAME:ぽっこ | 2011.03.04(金) 11:59 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。