海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
前回の更新は3分の1ぐらいのところだった。
今回はついに3分の2弱。
その間、50話近くをまとめちゃうなんて
我ながら、かなり手抜きだと思うけれど
進んでいそうで進んでない物語展開だし(言い訳・大汗)

では早速、超スピードでまとめ。

第62話で廃墟でルーカスと逢引したハーデは
彼のために衣装を着て踊るのだけれど
マイアミから戻ったサイードにその衣装を見られて
ルーカスと会っていたとばれてしまう。
サイードは勿論、激怒。
ルーカスを食事に招いて薬を盛ろうとするけれど
ソライダが気づいて失敗。
今度はホテルに戻るルーカスを使用人たちに襲わせようとするが
さすがにルーカスも様子がおかしいのに気がついて
屋根に上って(結構身軽かも?)逃げるけれど落下(やっぱりね…)
重傷で入院となる。

サイードはこのことで第2夫人を迎えことを決めるが
ハーデは第2夫人を味方にして、サイードと離婚できると大喜び。
しかしサイードにはハーデに気持ちが残ってるから
辛い決断だった。
嫉妬に狂うサイードは、マイアミに戻ってマリサと浮気。

そしてついに第2夫人ラニャと結婚したサイード。
ラニャには妹がいてアドルブはモハメドの第2夫人にと考える。
ラティファはその事を知り、何とか妹とモハメドを
会わさないようにする。

怪我をしたままマイアミへ戻ったルーカス。
レオはサイードがフェレル社の株を買占めているのを知り驚愕する。
ルーカスの株を買われてしまえば、フェレル社は
サイードに乗っ取られてしまう。

一方ハーデとハディジャ、ラニャはサイードがマイアミに建てた新居へ
越してくる。
ハーデとラニャは家を半分ずつ使用することになるが
ラニャはハーデの部屋の装飾のほうが豪華なことに不満を覚える。
しかしハーデのほうは電話も出かけもできず監禁状態だった。
この仕打ちに、ソライダの協力でハーデはハディジャを連れて
家を抜け出す。
ルーカスに会いに行くがルーカスはいないとロサから冷たく言われ
行き場がなくなったハーデはラティファの家に逃げる。
アリはハーデに娘は父親のもので、娘を連れて離婚はできないと言う。

ハーデが逃げ出したことに気がついたサイードは
ついにハーデに3度目の離婚宣言をする。
(2度目を覚えてなかったけれど、回想シーンで付け足した感じ)
喜ぶハーデだが娘と離れることは考えられない。
家族会議でハーデとサイードの離婚が承諾される。
妊娠の可能性を考え3ヶ月の据え置き期間後だ。

ハーデはルーカスに会うため、ソライダに頼み
ラティファの携帯電話を借りて来てもらう。
ルーカスと連絡を取り、サイードの留守を狙って
ブルカをまとわせ、夫を亡くして以来、話さず喪に服している
女性として家に呼び寄せる。
ラニャと妹、アドルブはすっかり騙され
(体格でわかりそうなのになぁ)
ルーカスとハーデは一夜を共にした後、ルーカスは帰っていく。
戻ったサイードはアドルブから女性の来客があったと知り
ソライダを問い詰めるが確証はない。

サイードの気持ちも少し落ち着き、ハーデの頼みを聞いて
モールへ出かけるが、そこで偶然ルーカスと会ったハーデは
モールを抜け出してルーカスの家で密会する。
このまま逃げようと言うルーカスだったが
ハーデは愛する娘ハディジャを置いていくわけにはいかず
またもや嘘をついて家に戻る。

サイードはモールからハーデが姿を消し逃げたと確信し
ハーデの部屋を調べてラティファの携帯電話を見つける。
戻ってきたハーデの言い訳を嘘だとわかっていたサイードは
ハーデを単身で離婚までモロッコへ帰す事にする。
ハディジャには2度と会わせないつもりだ。

ラティファは携帯電話のことでモハメドに激怒され
家庭崩壊の危機となる。

ハディジャと会えなくなることでパニックになったハーデは
ラニャの協力でルーカスに連絡を取り
ハディジャを連れ出して来て欲しいと頼む。

モロッコでルーカスがハディジャを連れて来るのを待っていたハーデ。
ソライダは、モールでルーカスに会いハーデの気持ちを伝えるが
ハディジャを連れ出せば誘拐罪となってしまい、躊躇してしまう。
モロッコに戻ったソライダはそのことをハーデに報告。
ハーデはルーカスに嘘をつかれたと怒り狂い
ルーカスの自宅に電話をかけ、ルーカスに別れると宣言する。
慌てたルーカスはモロッコへハーデに会いに行く。

そして再び愛を確かめ合ったルーカスとハーデ。
ルーカスはハーデとハディジャを別れさせないと誓う。
ルーカスはマイアミに戻る。

ハーデはマイアミにいるハディジャの具合が悪いと聞き
なんとしてでも娘に会いたいと思う。
そしてハーデは、アドルブを欺き
航空手続きに必要なサインをさせてマイアミへ向かう。

サイードはラニャを連れ、友人セインのクラブの開店祝いに行くところだった。
そこへハーデが現れ土下座して娘に会わすよう頼まれても冷たく拒否する。
ハーデの姿に哀れみを覚えたナジラは、サイードが帰ってくる前に
ハーデをハディジャに会わす。

ハディジャに会ったハーデはラティファの家で置いてもらうことに。
ちょうどアリも旅から帰ってきて、この現状に
ハーデがルーカスと一緒になることをついに認める。
ルーカスと話し合ったアリは、今夜、家族会議後に
ハーデをルーカスに渡すと約束するが
家族会議でサイードは離婚をやめたいと言い出す。
ハーデとハディジャのことを考えたアリは、迎えに来たルーカスに
事情が変わったと話す。
すでに自宅を出ていたルーカスは、ハーデとの新居で涙を流す。
サイードとの自宅に戻ったハーデもまた、この展開に泣くばかりだった。

家族会議が再び行われ、離婚が撤回できるかどうか話し合った結果
ハーデとサイードは一度離婚し、一日だけハーデが別の人と結婚すれば
その後、サイードと再婚できると決定する。
サイードは友人のセインに会い、一日だけハーデの夫になるよう頼む。
ハーデはルーカスにこのことを伝えたく
ラニャを巻き込んでルーカスと会うが、サイードにばれてしまう。
開き直ったハーデはルーカスと会っていたと自ら告白し
激怒したサイードはハーデを部屋へ監禁する。

ラニャはハーデが庇ったためサイードから離婚と言われることを免れるが
サイードの信用を失う。
自分の立場が悪くなったラニャは男の子が授かるよう妹と魔術を行う。
そして再びサイードの愛を得るため、ルーカスとハーデが
ハディジャの誘拐を企んでいるとばらしてしまう。

モロッコへ帰ってきたサイードとハーデとラニャ。
ハーデとラニャの関係は悪化し、さらにハディジャのことを
ラニャがばらしたと聞いたハーデはラニャに掴みかかる。

市場へ気を紛らしに行ったラニャは途中で気絶し
医者に診てもらうと妊娠したことがわかる。
大喜びのサイード。
だがハーデの気持ちは悲しみでいっぱいだった。


アルビエリはダニエルと再会し、ルーカスそっくりなダニエルが
内面にディエゴの精神が宿っていると知って喜ぶ。
ダニエルはアルビエリが父親だと思っていて
ドーラもダニエルを失いそうになり思わずアルビエリを父親と認めてしまう。
ドーラから言われアルビエリも自分が父親だと言う。
だがアルビエリは、ダニエルを知人に会わすわけにはいかなかった。
そうなればクローンの存在がばれ、自分が築き上げた物は一瞬で崩れてしまう。
誰にも打ち明けられず苦しむアルビエリは、ルイサたちにばれそうになり
追い詰められ銃を取り出す。
頭を撃ち抜くかに思えたがアルビエリが撃ち抜いたのは大事な賞状が入った盾だった。
ルイサはアルビエリが自殺未遂をしたことにショックを受ける。
いよいよ追い詰められたアルビエリは逃げるように、ダニエルをモロッコへ連れて行く。

運転手のアレハンドロとナタリアは付き合い始めるが
マリサの猛反対に会い、ついには宝石泥棒の汚名をアレハンドロに着せる。
ナタリアは自ら自首して事態を収拾させるが
マリサの仕打ちが許せず、家出しアレハンドロと暮らす。
しかしやっと見つけたセインのクラブの仕事を
マリサがサイードを使って裏から手を引きクビにさせ
生活に困ったアレハンドロはナタリアを家に帰らせる。
ナタリアはアレハンドロが別れたいと思い悲しみに暮れる。
家ではルーカスとマリサは会えば喧嘩で心休まらず
ついに麻薬に手を出してしまう。
アレハンドロはナタリアがドラッグをしているのに気がつき
やめさせようとするが、ナタリアは辛いことから逃げるように
どんどん麻薬に溺れていく。
ついにはグロリアも気がつき、アレハンドロと別れるよう
ナタリアに言う。

アリシアはクララから夫を奪って2人でホテル暮らし。
アルビエリの過去に弱みがあると睨んだアリシアは
ルイサにカマをかけ、セインのクラブに就職できるよう脅す。
その頃、レオと別れ友人のつてでクリスチーナもまた
セインのクラブの広報係となっていた。
アリシアはモテモテのクリスチーナに嫉妬し彼女を憎む。
しかしわざと友好的にクリスチーナに近づき
彼女の信頼を得たアリシアは、クリスチーナの恋人パブロに
セインとクリスチーナがキスをしていたと密告する。

セインとハーデの結婚式のためクリスチーナは
モロッコへと行く。
 
やっぱり50話まとめるのって長かった(爆)
たぶん、記憶から抜け落ちて書ききれてない部分も多々あり。
細かい部分をはしょったりしてるので
前後がかみ合わないかも~~~~ごめんなさいm(_ _)m

ハーデとルーカスは好きよ、愛してる…と別れる!の繰り返し。
サイードの離婚撤回のほうがまだ芯が通ってる気がするな。
これだけみんなを巻き込んで宗教での大罪をさせてきてるのに
ルーカスにまでハディジャを連れて来られないなら
永遠に別れるって言うハーデは同感できなかった。
だって誘拐罪になっちゃうでしょ。ルーカスはどうでもいいのか!?って。
ならこうなる前にハディジャのこともっと考えるべきだったと思う。
サイードとかに“悪魔つき!”ってハーデが罵られるけれど
どういうわけか笑っちゃう。当ってるって(笑)
幸せになりたいのはわかるけれど、ラニャなんてひどい迷惑だった。
それなのに彼女をいたわるどころか裏切り者呼ばわりとは…。

ついに登場してきたダニエル。
俳優さんとしてはルーカスとディエゴ
ダニエルと役作りが大変だろうなって思うけれど
20歳のルーカスとディエゴは許せるのに
ダニエルは無理やりの若作りって気がしちゃうのは何故だろう…。
観るたびに変な髪形!とか思っちゃうし。
これですごーく、いい青年だったらまだ良かったけれど
ダニエルのドーラに対する態度見るたびに我がままちゃんって
思っちゃって、将来、ダニエルとハーデなの?と思っても
なんか応援できるのか不安な気が(汗)
優柔不断なルーカスよりひどい。
いくら自分の母親とは思えなくても、育ててくれた情ってないのかな。
極端なほどアルビエリはいい父親、ドーラは嘘をつく悪い母親って
思ってるんだもの。
ドーラが可哀想すぎちゃう。

アレハンドロとナタリア。
ろくでもない人達の中で唯一純愛かなぁと応援してたのに
ナタリアは弱さゆえかドラッグに逃げ込んじゃった。
愛してるアレハンドロの言葉さえ、もう届いてないみたい。
マリサみたいな母親持って同情するけれど
だからこそ負けないで信じてアレハンドロについていって欲しかったな。

アリ叔父さんはやっぱりハーデが可愛いんだね。
罪だとわかりつつハーデに味方してるもの。
そしてソライダはアリ叔父さんにとってなくてはならない存在。
ソライダに恩知らず、私の世話はどうした?って嘆くアリ叔父さん可愛い。
2人結婚ってできないのかな?

サイードは悪者になってきたけれど、そんなに憎めないな。
ハーデの気持ちにすごい苦しんでるのわかるから。
マリサと浮気しても、いつも2人きりの関係じゃなくて
つねにハーデとルーカスの存在がある。
苦しまないためにも彼がハーデを振り切れる日が早く来て欲しい。

マリサは髪型だけ見とれちゃう(笑)
同じような髪型にするつもりがやっぱり出来損ないだった(汗)
マリサの娘への仕打ちは酷いけれど
ルーカスに対して彼女が恨んでいる事柄は当ってるものね。

それにしても、ルーカスとマリサの親ぶりが情けなさ過ぎる。
お互い、子供をほったらかしていたのに、どちらかのせいにしようと
大声で喧嘩。
今のナタリアの状況もわかってない。
それなのに、ルーカス、ハーデどころじゃないでしょ!って思う。

クリスチーナは化粧が薄くなってすこぶる美人!
底意地悪いアリシアが登場してきて、クリスチーナの居場所を取ろうと
画策してるけれど、純粋な男なら騙されても
世慣れた男の人だったら騙されないかも?
アリシアはこのドラマで唯一、同情もなしに嫌える存在(笑)
クララの夫はほんと情けない。

レオの会社ってサイードにそのうち乗っ取られちゃうのかな。
セインってハンサムだしお金持ちだし、考え方も現代的だし
ルーカスやダニエルよりもずっといい気がするのだけれど
セインとの関係がどうなるのか、この先の楽しみ。
関連記事
スポンサーサイト
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
 
Comment
 

ぽっこさん Hola!
そちらは地震大丈夫でしたか?
こちらは一晩中緊急地震サイレンが鳴り続いて怖かったですが、やっと気持ちが落ち着いてきました…。

さてさてヴィーナス。気が付けばもう3分の2まで来ちゃったんですね~。過ぎてみると早いかも^^;
アリシア自体もうざいんですが、簡単に騙される周りの男たちにもイライラしちゃいます!
アリシアってなんでこのドラマに必要なのかなって思ったんですけど、
本来悪役になるはずのマリサやサイードに多少なりとも同情の余地があるから、視聴者に嫌われる役としてあえて登場させたのかなって(苦笑)
ハーデは嫌がるラニャを無理矢理巻き込んだくせに「裏切り者」呼ばわりはあんまりですよね。
誘拐してまでハディジャを取り戻したいと思っているのなら、
ルーカスのことは諦めてサイードとやり直してほしいです。
それがハディジャの望みでもあるんだし…。
アルビエリもひどいですよね。結局考えてるのは自分のことだけ。ダニエルはすっかり洗脳されちゃって、ドーラが本当にかわいそうです。

NAME:Ayano | 2011.03.14(月) 03:02 | URL | [Edit]

 

Re: タイトルなし

> Ayanoさん、Hola♪

うちのほうも大きく揺れたものの、大丈夫でした。
あんな揺れって初めて!
その後もしばらく手が震えてました。

携帯や地域の緊急通報すごかったですね。
絶えず揺れてたし。
Ayanoさんも、ご無事で何よりです。

このドラマ、ヴェロニカ様級の悪女を用意しなかったせいで
こんな小物悪女のアリシアが登場してしまったって気がします。
本当に同情の余地なく嫌われるのってアリシアしかいませんよね(笑)

ハーデもルーカスにそれほどの愛を注ぐほどの魅力があるのか
わかりません。
結ばれない愛だからこそ燃えるってアリ叔父さんの忠告も
一理あるかな~って思えてきちゃって。

今日は節電で、ヴィーナスは観られなさそうです。

NAME:ぽっこ | 2011.03.14(月) 10:53 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。