海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
“切り裂きジャック”が再び現代に?がテーマだった
イギリスドラマ「ホワイトチャペル」の続編。

警察関係者が集い、表彰式が執り行われ
最高褒章は組織犯罪課のカジノブ警部が受賞する。
前回、犯人を取り逃がし死なせてしまったジョーたちは
奥のテーブルに追いやられてしまった。
唯一、マイルズが勇敢なる働きを認められ表彰台に立つが
マイルズはスピーチで犯人を追って手柄を得るより
自分の命を救うことを選んだジョーに礼を言い
上司のジョーへの不当な扱いに不満をぶちまけ賞の授与を拒否する。
そのマイルズの主張にいち早く拍手を送ったのはカジノブ警部だった。

翌日、署に出勤したジョーたちチームは事件もなく暇だった。
実際、彼らの捜査は“切り裂きジャック事件”以外は
日常的な事件ばかりでジョーの気持ちはくすぶっていた。
そんな時、川で男の他殺死体が浮かんでるのが発見され
ジョーたちは直ちに現場へ急行する。

検死官によると遺体は2~3週間水に漬かっていた状態で
60歳以上の男性で胸部には大きく抉られた傷があり
心臓は原型を留めてなく、また頭蓋骨が乱暴に砕かれていて
脳がなくなっていた。
死体を見たマイルズはパニック発作を起こし
ジョーはそれが“切り裂きジャック”に刺されたトラウマだと思う。

ジョーは遺体の身元を調べるべく、オーダーメイドの被害者の靴に着目し
靴の木型の現所有者であるザ・グレイブ・モーリス・パブの経営者に会いに
マイルズと一緒に行くが、マイルズは店の外で待つと言う。
木型を見せてもらったジョーはたくさんの木型の中から
被害者の靴に合うのを見つけ、被害者がレニー・コッブだと判明する。

翌日、署では上の階で水が詰まり、天井の配管工事が行われていて
慌しかったが、新しいフィンリー・マンセル巡査が赴任して来る。
マンセルはマイルズたちと顔見知りだった。

マンセルを含め、早速、ミーティングを始めるジョー。
模範囚で囚人からも慕われていたレニーはカード詐欺で
18ヶ月服役後の2ヶ月前、刑務所から姿を消していた。
そこへ制服警官に降格したレオが現れバッカンが来たと告げる。

バッカンはジョーとマイルズに自分の作成した
イギリスのギャングの元祖で伝説のロニーとレジーのクレイ兄弟の
ドキュメンタリービデオを見せる。
レニーはかつてクレイ兄弟の一味だった。
バッカンは、レニーが脱獄して、クレイ兄弟の模倣犯に殺されたのだろうと言う。
バッカンの予想では、あと2人が殺されると睨んでいた。
マイルズは一笑に付すが、前回バッカンの分析は当っていたこともあり
ジョーはバッカンの話を信じる。

ジョーはレニーの家族に会いに行く。
レニーの妻はレニーにとって刑務所は居心地のいい場所であり
誰かに連れ出されたのだと言う。

マイルズはジョーには秘密で、病院で“妙な怪我人”を探す。
看護師によれば半年前から“妙な怪我人”を目にするようになっていた。
彼らは警察を避けていて自分の名前も犯人の事も言わなかった。
一番最近の患者はパブで倒れていた青年で、切り取られた顔の皮が
バケツに入っていた。

突然、レニーの事件の捜査をカジノブ警部率いるチームが
引き継ぐことになる。マイルズの調べでギャングが
係わっていると判明したのだ。
ジョーは事件が面白くなってきたのに…と休暇中のマイルズに会いに行き
怒りをぶちまける。
マイルズは昼間だと言うのにザ・グレイブ・モーリス・パブに連れて行き
事の重大さを教える。

++++++++++++++++++++++++++++

 
ジョーとマイルズコンビが帰って来た♪
一気に3話観ちゃった。
最初こそ険悪な関係だったものの
ジョーが手柄より自分の命を優先してくれたことで
マイルズの気持ちも柔らかくなった。
お互い良き理解者、そして心強い相棒同士となる。
無茶するジョーに小言を言い(結構多い・笑)心配するマイルズって
凸凹ぶりが楽しい。

事件そのものは、前回は切り裂きジャックがテーマということで
昔の切り裂きジャックの真相は?という時代ミステリーが絡みながらの
現代の真犯人は?っていう点で燃えたけれど
今回はジョーたちが命の危険にあいながらも味方になるはずの
警察が敵に回り、孤立していくってところで手に汗握る展開。
そして今回のテーマは実在のギャング・クレイ兄弟。
あまり知らなかったけれど、高級なスーツに身を包んで冷酷な行為を
行った彼らは、ギャングたちの元祖で憧れの存在なんだって。

始まりは川で見つかった死体。
心臓はズタズタ、頭蓋骨は乱暴に砕かれていた。
その頃、パブで青年が何者かたちに襲われ顔を剥がれる。
シーンがちょこちょこって間に挟まれるから
何?何?って思ってて消化しないうちにドラマが始まっちゃう。

ジョーは靴の木型から被害者の身元を特定するけれど
バッカンによれば被害者はかつてクレイ兄弟の一味。
バッカンって切り裂きジャックだけじゃなかったのね(笑)
クレイ兄弟のドキュメンタリーも昔作成してたけれど不完全。
でもビデオはきっと、これからの被害者の予測に役立つはずと
バッカンはジョーに渡す。
マイルズは信用しないけれど、内心はバッカンの言ってることが
当ってるとわかっていたよね。

それはマイルズのお父さんの“スリのフレディ”が
クレイ兄弟に関わっていたから。
死体を見てピンとクレイ兄弟のことを思い出してパニックになったマイルズは
奇妙な怪我人の存在を確かめていた。
でもまだジョーには秘密。特に自分の父親のことは。
ジョーやバッカンが危険だと思って心配したマイルズは
カジノブ警部に事件を任せてしまうんだよね。

でもジョーは久々の大きい事件解決に意欲的。
事件の密告電話にもジョーは喜んで出向き
ギャング団の親分の息子、スティーブン・デュークスに目をつける。
密告者も現れ、敵か味方か?
警察の上の人間はカジノブよりジョーに事件を任せたいらしい。

バッカンはスーツも着ないデュークスが模倣犯とは思えなかったが
ジョーはデュークスが犯人だと思っていた。
カジノブ警部はレニーの事件はギャングとは関係ない行きずりの犯行だとし
容疑者も逮捕されるが、マイルズは容疑者が身代わりだと確信していた。

そんな時、チームの一人が襲われ重傷となる。
でもこれはまだ危険のほんの手始めだった!

表彰式の日、アンダーソンが小さい事件ばかりでくすぶるジョーに
大きい事件があると言っていたのが気になるよね。

レオは制服組に降格。レオが招いたことだけれど
ジョーたちも会うと気まずいよね。

そして何より、警察官たちに不穏な雰囲気が漂い始める。
でもこれもまだまだって感じ。
知らないところで何かが起こり始めてる
その緊迫感がたまらない。
関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: Whitechapel
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
 
Comment
 

ぽっこさん Hola!
楽しみにしていたホワイトチャペル2、停電もなく無事放送の日を迎えられました♪
テレビも大丈夫だったし(笑)
S1はとっても面白かったけれど、S2もドキドキの展開で見応えありましたね~!
表彰式のマイルズのスピーチには感激しちゃいました。

アンダーソン警視長はジョーの父親がわりみたいな存在だけど、今回の事件は裏で操作してたような感じもしますよね。
鬱陶しいクレイ兄弟のことも、警察の汚職とは無縁のジョーになら解決できると見越してたのかな?という気もします。
それにしてもチームの仲間たちや家族が徐々に巻き込まれていくところは見ていて本当にハラハラしました。
一番気弱なケントがやっぱり真っ先に狙われるんですね…(T T)
それにしても彼が乗ってたオレンジのスクーター、どこで見つけてきたの?っていうくらい可愛かったです。ほしいなぁ~^^

NAME:Ayano | 2011.03.24(木) 23:45 | URL | [Edit]

 

Re: タイトルなし

> Ayanoさん Hola~!

再放送待ちにならなくて良かったです。
テレビ、もってくれて尚良かったですね!
Ayanoさんの熱意が伝わったのかも(*^-^)

そうそう、S1とS2って両方面白かったけれど
意味的に違いますよね。
ヒヤヒヤ、ドキドキ、冷や汗ものな展開でした。

マイルズのスピーチ、良い事言うなぁって
S1の時から考えると感動しましたよ!

アンダーソンは最初から知ってて、ジョーたちを操ってましたよね~。
出世を睨みつつ、クレイ兄弟を片付けるのを
チェスの駒を動かすようにジョーたちを動かしてましたね。
あんなにジョーを慕うケントが、もう復帰できないのかなって
ヒヤヒヤしました。
毎シーズンごとに誰かしらチームから抜けていくのが寂しいです。
今回は自分だけじゃなく愛する人達も狙われるところが
観ていてドキドキ、ハラハラでした。

スクーターも、ジョーはショックだったけれど
ロバちゃんも可愛かったです(笑)

NAME:ぽっこ | 2011.03.28(月) 14:03 | URL | [Edit]

 

こんにちはー

ぽっこさん、こんにちは=
ついにホワイトチャペル2観終りました!
本当に面白いですよ、これ
アメリカドラマほどブームにはなっていないけれど、なかなかの逸品♪
みなさん言ってますが、ケントのオレンジのスクーター可愛かったですね
ジョンもロバに乗ってほしかったぞー

次はシーズン3!
楽しみです
シーズン3の製作が2012年なんですよね
もしや来年辺りシーズン4と行きたいところですがどうでしょうね~

NAME:小六 | 2012.07.08(日) 10:10 | URL | [Edit]

 

Re: こんにちはー

> 小六さん、こんにちは♪

シーズン2、個人的にはシーズン1より
ドキドキハラハラでスリリングでした。
そうだ、オレンジのスクーターってありましたよね。
なんだか靴のことばかり覚えています。

シーズン3のホラー並みのオドロオドロしいネタより
私にはやっぱりシーズン2のほうが怖かったかもしれません。
怖いって意味が違いますが。

この調子でうまくいって、シーズン4の制作も早いと
いいですよねー!

NAME:ぽっこ | 2012.07.10(火) 16:17 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。