海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
大聖堂 (上) (SB文庫)大聖堂 (上) (SB文庫)
(2005/12/17)
ケン・フォレット

商品詳細を見る


最終話。

時代は前回から10年後の1156年。
キングズブリッジ修道院ではジャックが棟梁となって
大聖堂の建設が着々と進められていた。
ジャックは丁寧な建設を心がけているが
平和な内に大聖堂を完成させたい。
戦争が起きてしまえば全て終わりだ。

ウィンチェスター。
スティーブン王は、成長した気弱な息子のユースタス王子に
国王の一時代理として判断を下させることにする。
そこへ十字軍から戻ったリチャードが訪れ
かつて父の城だったシャイリング城と領地と爵位を
ハムリーから返して欲しいとユースタス王子に願い出る。
スティーブン王はユースタス王子の判断を尊重し
ユースタフ王子はリチャードの願いを承認するが
それを聞いていたウェイルラン枢機卿が問題があると進言する。
リチャードが爵位を取り戻すにはウィリアムと戦う必要があるが
リチャードにはその兵力がないとウェイルランは言うのだ。

アリエナはジャックと息子トムとピクニックに出かける。
アルフレッドとはまだ離婚できず、2人は結婚できないでいた。
家族で楽しいはずのピクニックだったがアリエナは楽しめなかった。
聖堂中心のジャックに不満を抱えていたからだ。
ついに不満を爆発させたアリエナにジャックは
アルフレッドのことやシャイリング城を取り戻すという
アリエナの夢を現実的ではないと批難する。

嵐が来たため、聖堂を心配するジャックが見に行くと
天井に裂け目が出来ているのに気がつく。
原因は不明だった。

ジャックと別れたアリエナとトムは家に戻る途中で
女性が雨に濡れながら身を潜めているのを見つける。
家に連れ帰ったアリエナは女性がウィリアムの妻だと知る。

料理を作っていたエレンは何者かに、首にナイフを突きつけられ
脅される。

その頃、ウェイルランの元に“ジャック・シェルブールの幽霊”と
名乗る者から「秘密が暴かれる時が来た」との手紙が届く。
焦ったウェイルランはジャックを陥れるべく陰謀を企てる。

嵐が去った翌日、リチャードがキングズブリッジに帰って来る。
アリエナはリチャードからシャイリングの伯爵になったと聞かされ
2人は苦労の日々を思い返し喜び抱きしめ合う。
残る問題はウィリアムを城から追い出すことだ。

大聖堂 (中) (SB文庫)大聖堂 (中) (SB文庫)
(2005/12/17)
ケン・フォレット

商品詳細を見る


大聖堂 (下) (SB文庫)大聖堂 (下) (SB文庫)
(2005/12/17)
ケン・フォレット

商品詳細を見る



そして18年後の続編のセット。

大聖堂 果てしなき世界 BOXセット大聖堂 果てしなき世界 BOXセット
(2009/12/21)
ケン・フォレット

商品詳細を見る



++++++++++++++++++++++++++++
 
地震関連番組で、途中抜けて2週間後に6話と7話を
2回続けて放送したけれど気がつくのが遅く
7話は10分録画が遅れたと思ったら20分だった…。
なのでジャックがフランスに行って
自分の父親のことを知ったところは観てない(泣)

それでも今回の最終回でも明らかにされてるから
すごーく心残りでもないな。

涙を流すマリア像(どうやって見つけたかはわからず)を
フランスからジャックが持ち帰ったことでキングズブリッジに
再び、信仰のシンボルを得たフィリップ。
何かしらこういう奇跡めいたものがないと信者の心が
離れちゃうのかな。
そして前回から10年、戦争もなく平和な時をかけて
だいぶ聖堂が出来上がった。

アリエナとジャックはラブラブなのかなと思いきや
アリエナなりの不満がたまってたのね。
アリエナの思いはシャイリング城のことが第一だものね。
大聖堂も建ってほしいとは思ってもジャックを取られちゃう気持ちなのかも。
現代の奥様方だって仕事と私とどっちが大事?って
聞くものね~、でもテレビでこれって旦那さんは
奥さんに言って欲しくない言葉だって放送してたなぁ。

戦争が起こる前に大聖堂を完成させなければ…と
思ってたジャックだけれど、ついに神が動き出したって感じだな。
エレンに会いに来たレミジウスの告白は大きかった。
レミジウスは弱みを握られウェイルランに仕えてたのね~。
レミジウスが隠し持ってたのはジャックの父の手紙。

一方ウェイルランは真相を暴かれられそうと思って
ジャックを無実の罪で死刑にしようと画策。
殺されたのはアルフレッド。
トムの息子なのに、どうしてこんな捻くれた息子になっちゃったんだろう。
自分が死ぬ時になってやっとジャックに気をつけろと言い残すけれど
誰の仕業かは言う暇がなかった。
ジャックはこれで捕まっちゃう。

またリチャードはついに爵位を返してもらえることを承認される。
だがそれにはウィリアムを倒さなければならない。
ユースタス王子が劇団ひとりさんにみえちゃった(;^ω^)
資金力がないリチャードだったけれど
ウィリアムの妻が逃げて隠れてたところをアリエナが見つけ
ウィリアムの妻の協力を得られることに。

ウィリアムの妻が逃げたこと、エレンのところにレミジウスが現れたこと
シャイニング城がリチャードたちに返還されると承認されたこと
ウェイルランのところに手紙が届いたことがそれぞれ歯車の一部になったな
って感じる。

そして一気に事態は収束へ向かう。
お金のないリチャードは十字軍の仲間とシャイリング城へ向かい
ウィリアムの妻の協力で城内部に突入。
そして復讐を成し遂げる。

ジャックは絞首刑にさせられそうになるがエレンが現れ
レミジウスのもっていた手紙の内容を集まっていた民たちに
読んで聞かせる。
ジャックは王子の子供じゃなくて吟遊詩人の息子だったんだねー。
証拠の指輪はマーサが返し、悪事が暴かれたウィリアムは民から
裁きを受け(群集心理も働いてちょっと怖いな)と
ウェイルランは自ら選ぶ死でも、まさに天罰。

スティーブン王は病死、ユースタスはちょっと可哀想だったな。
戦乱の時代に気弱な王子は生き残れないか…。

モード姫とその息子が世の中を統治。
大聖堂はその後も作り続けられ、やっと完成する頃には
みんなも年を取った。

宗教の名の下にウェイルランが行っていたことは確かに私利私欲。
悪いことをすると自分に体罰を加えていたのは
良心の痛みを少しは感じてたからかな。
でも悪事をしても神様に祈れば、罪が許されるなんて
信仰をご都合主義にしてしまったって感じる。
最後はエレンの言うとおり確かに高みに上るだけ上って
あとは真っ逆さまだった。

関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: その他のドラマ
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
 
Comment
 

勧善懲悪

 こんにちはっ♪

 とうとう最終回になりましたね。
 トム(涙)とアーサーの事を抜かせば、大団円と言ってもいいのかもしれませんね。こそこそと暗躍していたレミジウスがあんな大事を隠していたとは思いませんでした。
 裁判のシーンは白熱して今にもまた逃げ出しそうになった神父にひやひやさせられました。ほやほやしていたユースタス王子もかわいそうでした><
 フィリップとジャックはかなり年とっていたのに、アリエナあんまり変わってなかったのが少し笑えました(笑)
 海外ドラマとは思えないぐらい壮大で凄いお話でしたね。

NAME:jan | 2011.03.30(水) 15:18 | URL | [Edit]

 

Re: 勧善懲悪

> janさん、こんばんは♪
溜まっているドラマをこなす&プライベートな用事で
お返事が遅くなってしまいましたm(_ _)m

レミジウスの秘密は今でこそオープンですが
昔でしかも修道士となるとそりゃ隠したくはなりますよね。
最後に良心に従ってくれて良かったです。

裁判ではウィリアムは皆の手にかかったのに
神父にはどうして手を出さないのだろう?と不思議でした。
神父という職業ゆえ、祟りを恐れたのかとか
考えるばかりです。

年月が過ぎてアリエナだけ変わってませんでしたよね~。
あれには私も笑ってしまいました。

こういう壮大なドラマもいいものでした。
映画でもいいのかも♪



>
>  とうとう最終回になりましたね。
>  トム(涙)とアーサーの事を抜かせば、大団円と言ってもいいのかもしれませんね。こそこそと暗躍していたレミジウスがあんな大事を隠していたとは思いませんでした。
>  裁判のシーンは白熱して今にもまた逃げ出しそうになった神父にひやひやさせられました。ほやほやしていたユースタス王子もかわいそうでした><
>  フィリップとジャックはかなり年とっていたのに、アリエナあんまり変わってなかったのが少し笑えました(笑)
>  海外ドラマとは思えないぐらい壮大で凄いお話でしたね。

NAME:ぽっこ | 2011.04.04(月) 20:53 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。