海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
Torchwood: Children of Earth [Blu-ray] [Import]Torchwood: Children of Earth [Blu-ray] [Import]
(2009/07/28)
John Barrowman、Eve Myles 他

商品詳細を見る


吹替版でずーっと観てきたので
ここへ来て字幕版だけなのは何故?辛いなぁ。

シーズン3は全5話で、世界中の子供たちに異変が起こり
トーチウッドはその事件を追っていく。

1965年スコットランド。
バスに乗る子供たちはある場所に連れて来られる。
バスを降りた子供たちは光を目にすると
催眠術にでもかかったようにその光の先を目指して行く。
だが、ただ一人の少年だけはそこから逃げ去る。

現在のカーディフ。
午前8時40分。子供たちが突然、時間が止まったように
動きを止め、呼びかけにも反応しなくなる。
だが約1分後、子供たちは何事もなかったように行動し始める。
その様子を目撃したグウェンは不審に感じ
基地で子供たちに関わるデータを調べ始める。

その頃、ジャックとイアントは聖へレン病院へ行き
親しい隣人としてある老人の死に立ち会う。
ジャックは担当の医師に頼み、最後の別れを言いたいからと
老人の遺体とジャックたちだけにしてもらう。
しかしジャックたちの目的は老人の身体に寄生している
エイリアンを取り出すことだった。
医師がいなくなると早速、ハイテクの切開装置を使って
老人の身体に傷を残さずに中からエイリアンを取り出すが
それを偶然入ってきた医師に見られてしまう。
驚く医師を尻目にジャックたちは車に乗り込むが
それを追ってきた医師は、ジャックたちがトーチウッドだと気がつくと
2ヶ月前から霊安室の遺体が数体、消えていくと相談する。
だがジャックは、その事件が管轄外だと
医師の名前がルペシュだと聞いただけで立ち去っていく。

内務省のフロビシャーはオドゥヤ大佐の急な来訪を受ける。
オドゥヤ大佐は「子供たちのことだ。」と用件を切り出す。
世界中の子供たちに異変が起こり、エイリアンの仕業か
国連は念のため警戒態勢を取っていた。
コンピューターの新システム導入の手助けに来たロイスは
政府の様子を訝しがる。

基地に戻ったジャックとイアントはグウェンから
子供たちに異変が起こったことを聞く。
ほどなく軍曹から、子供たちの異変について
真相解明をするようにと連絡を受ける。
軍曹によれば子供たちの数人を検査したが何も出なかった。

医師の仲間が欲しかったジャックは
霊安室から消えた遺体を調査して欲しいルペシュが狙い通り
トーチウッドに接触しようと来たのを喜ぶ。
それを知ったグウェンはルペシュの採用係を買って出る。

グウェンがルペシュと話していると再び、子供たちの動きが止まる。
そして今度は子供たちは叫び始め「我らは来る。」と
一斉に繰り返し言い始める。

++++++++++++++++++++++++++
 
シーズン3は子供たちの異変が起きて、解決するまでの5日間を
描くらしい。

まずは一日目。
子供たちは急に時が止まったように動かなくなったのが始まり。
一分で元に戻るけれど、道路で立ち止まってしまった子供たちは
事故に巻き込まれてしまった。

この異変を最初に気づいたのはグウェン。
グウェンは早速、調べ始める。
そして政府や軍も動き出しトーチウッドに真相解明するよう指示。

でもそんなこんなしてるうちに、またもや世界中の子供たちに異変が。
今度は止まったと思ったら叫びだし、しまいには英語で「我らは来る。」と
一斉に繰り返して言う。
不気味だよねぇ~~~。

でもこの事態になることを予想している人たちがいたんだよね。
フロビシャーもその一人みたい。
なんでも子供たちへの送信先は“456”って言うらしい。

ちょっと戻って、トーチウッドの現在。
ジャックとイアントはラブラブでイチャイチャ状態!
グウェンはオーエンとトシの写真に毎日挨拶している様子。
ジャックとイアントは老人に寄生しているエイリアンを
捕獲するため病院へ。
そこでルペシュ医師と出会う。
オーエンがいなくなって医師が必要だったジャックは
わざとルペシュ医師が自分たちの元に来るよう仕向けた。
そうか、新しいレギュラー?なのね、そのわりにインパクト低そう(汗)
とか思ってたけれどね。
ところがどっこい(笑)ルペシュには裏があった。
それに気がつくのはまだ先だけれど。

内務省では今日来たばかりのピチピチなロイスが
ジャックの電話を受けて訝しがり、トーチウッドのことを調べ始める。
ルペシュは外れたけれど、ロイスはこれから役に立つのかなぁ。
観ている感じだとグウェンの最初みたいに、おせっかいだなというか(汗)

子供たちに起こった異変に話を戻すと
なんと、子供だけじゃなくて一人の老人にも同じ事が起きていた。
それを知ったジャックたちはグウェンを老人のいる
スコットランドの施設へ向かわせる。
この老人、特殊能力?があって匂いでなんでもわかるらしい。
嘘か真実か、何かがやって来るとか…。
そしてグウェン自身からも、“ある匂い”を嗅ぎ取る。
今回のテーマからするとその匂いの意味の流れとしては当然でしょう。

一方、子供たちを調べたいジャックとイアントは
それぞれ、血のつながった親族の元へと行く。
イアントは疎遠になっていた姉の家に行き甥たちと会うのだけれど
驚くべきはジャックなのね。
誰の家だかわからなかったけれど、なんとジャックの○○○の家だった!

イアントは姉に男が好きなのじゃなくてジャックが好きなんだって告白。
それほどの魅力があるんでしょう、ジャックって。
ジャックはバイだから、どっちでも真剣なんだろうけれど
だからって○○がいるのはちょっとショックだったな。

ジャックもイアントも思惑が外れて子供を調べられず。

“456”の存在が明らかになると、どうしてだか
ジャックは危険な存在になるらしいということで
クリフハンガーな今回の終わり方。
いくらなんでも、ああなっちゃったらどうなっちゃうの?

補足としてマーサは新婚旅行中。
結局、誰と結婚したの?

字幕版だとイアントとグウェンのイメージが違うかなぁ。
だから吹替えだとこんな感じで喋ってるって想像して視聴している。
関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: TORCHWOOD
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。