海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2011.08.01/ 16:26(Mon)
マッドメン シーズン2 DVD-BOXマッドメン シーズン2 DVD-BOX
(2010/01/06)
ジョン・ハム、ジョン・スラッテリー 他

商品詳細を見る


AXNチャンネルでシーズン2が放送中。
1960年代のNY、時代の最先端をいく広告業が集まる
マディソン通りで働くビジネスマンたちを描いたヒューマンドラマ。
なのだけれど…。
実はシーズン1の第4話まで観ても、なんかハマれずリタイアかなぁ
でもエミー賞やゴールデン・グローブ賞に輝いているし
きっと魅力あるドラマなんだろうなぁ、と踏ん切りがつかず
ずっと録画だけは続けてた。
でもHDDも圧迫していくし、もう一度だけ挑戦しようと観始めたら
第6話ぐらいで見事はまりはじめ、今、溜まった分を一気に消化している。

主人公ドン・ドレイパーは元モデルの妻べティと2人の子供を持つやり手の広告マン。
大手広告代理店での仕事は営業や美術部とかいろいろあるのだけれど
ドンは彼らをまとめるクリエイティブ・ディレクター。
勤めるスターリング・クーパー社の経営者たちからも一目置かれ
高額な給料を取り、まさに成功者。
そんな彼にはミッジという不倫相手もいる。
しかし彼には誰にも言えない秘密があった。

ベティは手の痺れを感じ事故を起こしてしまう。
原因はストレスだと診断されるがその理由はわからない。
ドンはベティを精神科医に診せ時折、医者から妻のストレスの原因を
聞きだそうとする。
だがベティが医者に本心を語りだすには時間がかかると言われる。

ドンの秘書になった新人のペギー。
彼女はドンをライバル視する営業のピートと関係を結ぶが
ピートは他の女性と結婚する。

ピートは由緒ある家の末裔だが、父との折合いが悪く
広告業の仕事を認めてもらえない。
仕事でなんとか成功を収めたく野心的に動くが
それでドンからは嫌われている。

会社の共同経営者であるロジャーはドンの悪友でもある。
妻と娘がいるが娘からは相手にしてもらえない。
オフィス・マネージャーのジョーイと不倫をしている。

+++++++++++++++++++++++++++++++

これから感想。
以下、ネタバレあるので注意してください。

音楽もいいし、時代も興味深いしで第1話を観たときゾクゾクした。
けれど観ているうちに話の流れが単調に思えて眠気が(汗)
まず不倫する主人公を好きになれないかも…と。

でも次第にドンの秘密が気になってきて話にのめりこめる様になった。
どんな秘密かわかってくると、ああ、ドンってこういう秘密があるから
他人に壁を作ってしまって人を信じることができないんだなって感じるようになった。
秘密には罪悪感が混ざってるし、そのことが心の傷となって
きっと自分のことが好きになれないんだよね。
だからあんな可愛い奥さんと子供たちがいても、秘密が邪魔して心から愛せない。
どこかでドンは気持ちをストップしちゃうみたい。
ノスタルジックな映写機の宣伝では
どんなに彼らが大切かって気がついたみたいだけれど。

だからって不倫がいいわけじゃないけれど
それでも満たされない部分をドンは埋めてるのかなぁってのは思うな。
愛する女性が出てきて、初めてドンは自分の過去を打ち明ける。
トラブった時、ドンは妻も子供も捨ててその女性と逃げようとするけれど
女性のほうが、ドンを見限っちゃった。
でもその後もドンの不倫は止まらない。

最初ドンの不倫に気がついてないと思っていたベティは
ストレスで突飛な行動に出る。
隣の鳩を銃で狙ったり、口げんかで相手の女性を叩いたり。
でも思えばドンの不倫に気がついてないわけはないよね。
香水の匂いとか女の勘は鋭く働くけれどかと言って核心はなく
感情を押し込めちゃった結果、どこかで爆発しちゃう。
自分を愛してくれてない…と訴えるベティ、切ないな。

そしてこの時代の人達のモラルもすごいな。
これは最先端の広告業っていう職業と高給取りたちのドラマってのも
あるのかもしれないけれど、仕事に酒はつきもの。
仕事後とは言え会社でのどんちゃんパーティーで翌朝の会社はゴミだらけ。
オーデションに来た女性に手は出すし…。
こういうとこからマッド・メンって言われてたらしいけれど
彼らの仕事ぶりや働く女性の立場、家庭での主婦の立場
(この頃って男性優位で亭主関白だったのね)は興味深いものがある。
この頃の女性って、仕事で上にのぼるなんて並大抵じゃなかったのね。

モラルと言えばシーズン2でドンが家族でピクニックした時
ベティがビニールシートの上のゴミをそのまま落としていったのも
ビックリしちゃったな。時代…なのかな。

ドンの周囲の人達もそれぞれ、悩みを抱えつつ生きているって
ところも引き込まれる。
お坊ちゃんピートはドンに褒めてもらいたいくせに
隙あらばドンを蹴落としたいと思っている。
それは父親から認められずに育ったせいで、仕事で“出来る”人間になりたい
人から認められたいって気持ちが強いから。
ドンはライバルでありつつ憧れる相手&信頼できる相手?
父親が亡くなった時、ドンに相談しに行ったものね。
ピートにとって悲しいのは自分が思う以上に人は認めてないってこと。
上司はピートを凡人としか見てないし、彼がクビを免れたのはお家柄のせいだし。
結婚して妻もいて妻の両親にも“仕事が出来る人間”に見せたいけれど
結局は新居の家賃も妻の両親の援助がなければ払えないという現実。
そういう屈折したピートに、同情しちゃう。

ペギーはウブで気が利かない新人って感じだったけれど
秘書としては有能だった。
しかし彼女はキャッチコピーの感性も備わっていて
ドンは彼女を認めて異例の出世。
男性にはわからない女性の視点でアイデアを出すけれど
女性は蚊帳の外って事も多くて、平等になりたく戦っている。
私生活はシーズン1の終わりに急変。
ドンのように彼女もまた過去を捨てて生きる道を選んだ。
ペギーも人に壁を作って気負って生きていくみたい。

ロジャーはドンの悪友。
ドンにしてみれば上司が友人で心強いけれど、壁を作るドンにとってロジャーって
どれだけの人物なのか。
彼が病気になって初めてロジャーが大切って感じたみたいなドン。
ドンの妻を誘惑してドンに仕返しされたのは苦笑だけれど
後から考えたら、かなり怖いお仕置きだったかもね。
生き延びて妻の大切さを思い知ったと思いきや
ジョーンに未練たらたら。
酒や煙草や女性を控えても、止めることはやっぱりできないみたい。

登場人物について。
まずドン役のJon Hamm の渋くて男臭い色気ムンムンに参った♪
今の時代だったら、女性にそっぽむかれそうな男性上位な台詞も
いやはや彼が言うとクラクラっと(笑)
これじゃ女性のほうが放っておかないよね。

ピート役のVincent Kartheiser って「エンジェル」のコナーだったのね、ビックリ!
大きく?なったなぁ。

ペギー役のElisabeth Moss は「ザ・ホワイトハウス」のゾーイ。そうかぁ。
リタイアしちゃったので忘れてた。

唯一覚えてたのがロジャー役のJohn Slattery
「デスパレートな妻たち」のビクターだものね。
役に違和感ないかも。

ジョーイ役のChristina Hendricks は「Life」のオリビア役の女優さん。
ジョーイの役柄もいいなぁ。女性たちをまとめて自分の仕事をきちんとこなしてる。
男性関係は派手だけれど、割り切ってるしね。
シーズン2になると満足してたその仕事と自分の役割に疑問を持ったみたい。
もっと自分にもできること、女性でもやれることがあるって。

シーズン2がもうすぐ放送終了になるけれど、それまでには追いつけそう。
おかげで他のドラマがたまっちゃってる~。
関連記事
スポンサーサイト
 
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: その他のドラマ
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
 
Comment
 

結局これが一番。

BSGとTheWireが終わってしまって、打ち込める(?)ドラマが無かったワタクシ、今はコレが一番です。役者のアンサンブル良し、美術良し、脚本良し、音楽選択良し、全てに惚れ込んでおります。今日の放送で2が終了しますが、AXNは3の放送予定を設定しているのかしら?首都圏では4が始まるのですよね確か。
ドンの人、マッドメンまではとりたてて有名ではなかったからよくぞ彼を選んでくれました!って感じ。そしてピート役のヴィンセント君、素晴らしいですね。2の最終話のペギーとの会話、何回も繰り返し見てしまいます。
これがテレビドラマとは思えない豊かな内容、ホント、すごいなー。S1の録画に失敗しているのでまとめて再放送してくれないかしら。

NAME:atsumi | 2011.08.09(火) 13:41 | URL | [Edit]

 

Re: 結局これが一番。

> atsumiさん♪

この世界ってはまりますねー!
なんで気がつかなかったんだろうって今ではため息です。
毎回、最後で内容にあった音楽で終わるのもツボでした。
録画の関係で私は明日視聴となりそうです。
あんなに溜め込んでたのに、終わっちゃうのが寂しくて
シーズン1と2を続けて放送したのに、3はいつ?と
焦れています。

そしてそう、地上波で放送してたんですよね!
この間、気がついてしかもシーズン4が始まるって知って愕然としました(泣)
でも地上派だといくら録画して視聴っていってもCM多そうだし
やっぱりAXNのほうで待ちます。

ドン役のJon Hamm、役にピッタリですよねぇぇ。
すっかりファンになってしまいました。
ピートもキャスティングも素晴らしいです。

私も今度は録画保存したいので
まとめての放送望んでいます~~~~。

NAME:ぽっこ | 2011.08.09(火) 17:24 | URL | [Edit]

 

No title

そうそう、こちらの地上波では3を放送中らしい。当然吹替版です。友人が「どうにも馴染めない(苦笑)」とぼやいていたので、私は追いかけないことにしています。声質もそうだけど、吹替ってどうもオーバーアクションなんだよなあ。。。
昨日の放送終了後に、3は2012年1月を予定、と出ましたね。半年待てない私はうちの米版DVDを見ることにします。レンタルショップが近所にあればいいのですが無いんだもん(涙)

NAME:atsumi | 2011.08.10(水) 06:52 | URL | [Edit]

 

Re: No title

> atsumiさん♪

そうだそうだ地上波は吹替え版ですよね!
怖ろしくて観られません。
字幕でイメージが固まってし、ドンの声はあのまんまがいいです~~。

次は来春なんですねーーー。
米国DVD、英語わからなくても、ホラーなら映像だけで
勝手に想像できるのですが(爆)
このドラマは私には無理そう。
もう放送してるところあるのにと考えるとモヤモヤしますが
半年待ちます…。うぅ。

NAME:ぽっこ | 2011.08.10(水) 10:15 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。