海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
グッナイ、スリーピーヘッド (柏艪舎文芸シリーズ)グッナイ、スリーピーヘッド (柏艪舎文芸シリーズ)
(2007/02)
マーク ビリンガム

商品詳細を見る


WOWOWで7月にプレミア放送されたイギリス最新作ドラマ。
刑事トム・ソーンが主人公の全3話のクライム・サスペンス。
3人の若い女性が自宅で何者かに虚血性脳卒中と見せかけられ殺される。
新しい被害者の女性は奇跡的に生きていたが
意識はあるものの目だけは動かせても身体は全く動かない
閉じ込め症候群になってしまった。
トムは犯人を調査するうちに、過去の事件の影を感じ始める。

第1話「届かぬ叫び」
第2話「血のメッセージ」
第3話「永遠の眠り」


第1話「届かぬ叫び」のあらすじ。
刑事トム・ソーンは容疑者を追跡中に、容疑者が逃げ込んだ民家で
うつ伏せで倒れている女性の死体を発見する。
遺体は死後、数日経ってたが、目立った外傷もなく
一見、自然死と思われた。
だがトムは何かを感じ、検死官のフィルを呼ぶ。

フィルの検死で被害者はミダゾラムという鎮静剤で身体を動けなくされ
うなじを強く掴まれ脳卒中にみせかけ殺されたということがわかる。
しかし薬物が発見されなければ、死因を見逃すところだった。
トムとフィルは他にも見落とした被害者がいるのではないかと考え
似たようなケースが他に2件あるのを発見し上司に報告する。

過去の2つの事件はいずれも一年以上前に起きており
遺体を掘り起こして死因を再調査するのは不可能だった。
しかしいずれの事件も被害者は30歳前の若い女性で自宅で襲われているのに
押し入られた形跡はなく、首の同じ箇所に左側がやや深い浮腫があった。
現場の靴跡から犯人の靴のサイズは27.5センチとわかり
左利きで医療の知識がある者と思われた。

トムは新人のデイヴィッドから新しい被害者が見つかったと報告を受け
病院へ向かう。
23歳のアリソンは一週間前に病院の駐車場で倒れているところを
病院の職員のラムジーに発見され、それ以来こん睡状態だった。
ベッドで目を開けたまま寝ているアリソンを見たトムは
ふと昔の事件の光景を思い出す。
トムはアリソンに声をかけるが、こん睡から目覚めたアリソンは
トムに返事をしているつもりなのに話せてないことに気がついてパニックになる。

トムは担当医のアンから、アリソンは、意識はあり話を理解できるが
眼球と瞼しか動かせない“閉じ込め症候群”だと説明される。
トムはアリソンから犯人の情報を聞き出したいが
アンによれば意思の疎通は最低限で
アリソンの失われた記憶が戻る保証もなく
運動機能の回復する見込みもほとんどなかった。
アリソンはいずれ感染症にかかり亡くなる運命だった。

デイヴィッドはラムジーからアリソンの発見当時の話を聞いていたが
ふと、彼が犯人の特徴と一致することに気がつき捕まえる。

ラムジーを事情聴取するデイヴィッド。
しかしカナダ人のラムジーがイギリスに入国したのは
一連の事件が始まった半年後でアリバイは確実だ。
だがデイヴィッドを気に入るトムは同僚のケヴィンに
チャンスをやりたいと言う。

ラムジーのことでしくじり皆の笑いものになったと感じたデイヴィッドは
落ち込み、トイレでケヴィンにぼやく。
トムは初仕事で“プリティ・ボーイ・キラー”を挙げたのにと。
ケヴィンは、トムがフランクと握手し目を覗いた瞬間にゲイ6人を殺した
“プリティ・ボーイ・キラー”だと悟ったという伝説を
デイヴィッドに教える。
トムはそれ以来、みんなの信頼を集めていた。

トムはアンとアリソンの部屋へ行き、アリソンの記憶に刺激を与えられる物を
教えてもらうが、あらためて部屋の中が整っていることに気がつく。
自分で病院へ行こうとすればふらついたはずだと。
トムはアリソンを病院の駐車場に運んだのは犯人ではないかと考える。

+++++++++++++++++++++++++++
 
感想は3話まとめて。

若い女性を虚血性脳卒中に見せかけ殺す連続殺人事件が起きる。
どの女性も自宅で襲われているのに、押し入られた形跡はなかった。
殺し方などから犯人は医療の知識のある者で左利き
靴のサイズ27.5センチだとわかる。
その後、新しい被害者アリソンの存在が判明する。
一週間も前に病院の駐車場で発見され通報されていたのにもかかわらず
警察は事件とみなしていなくほったらかしだった。

調査に乗り出したのはトム・ソーン。
かつてゲイ6人を殺害した“プリティ・ボーイ・キラー”のフランクの
目を見て犯人だと気づいた伝説の刑事。
アリソンはこん睡状態だったが、トムが会いに行った時には意識が戻っていた。
ただし彼女は“閉じ込め症候群”になってしまっていた。
(クリマイでも閉じ込め症候群あったよね。)

目と瞼でしか人と意思の疎通ができないアリソン。
彼女の意識に強く語りかけてくるのはトムだけ。
アリソンもいろいろ考えているのに、それは相手には伝わらないところがミソ。
ただ本人も事件のことは忘れていて、思い出せても犯人の顔はわからず。

トムは犯人の本当の狙いは殺人ではなかったと気がつく。
アリソンは失敗したのではなく成功例だったのだと。
ところが今度狙われたのはトムだった。
ケヴィンに連絡が行かなければ死んでいた。
ケヴィンはケヴィンで犯人からトムへのメッセージを受け取っていた。
この時点でケヴィンはトムの良き同僚と思ったけれど
これから先は険悪な関係となっていく。

トムが犯人に襲われ入院したため、捜査はケヴィンに任されることに。
ケヴィンは被害者の状態から、フランクの模倣班だと推測するが
退院したトムはそれに反発する。
フランクはゲイ以外にも、実の娘3人を殺したらしい。
ベッドに白いネグリジェを着て横たわる少女たち。
そのうちの1人は目を開けたまま。
その発見のされた時の様子を時折トムも思い出している。
トムが事件の関連に強く反発するのは何故?

トムは検死官のフィルと仲が良さそうだけれど
フィルには怪しいものも感じる。
彼がゲイなのはなんとなく、すぐわかった。
もしやトムに気があるの?それにしてはちょっと険しい顔。
トムはトムでアリソンの担当医のアンと恋に落ちる。
アンにはレイチェルって娘がいる。

容疑者はアリソンを発見したラムジー。
特徴はピッタリだけれどカナダ人で、事件が始まった後に入国している。
そして医者のビショップ。
タカビーで鼻持ちならない奴。こちらも確証は見つからない。

ケヴィンはわざと犯人を挑発するような内容でニュースに出る。
犯人はそれを見ながら、君を助けたいと新しい被害者を襲う。

アンとトムはアリソンの瞼や目の動きから意思の疎通を図ろうと試す。
アリソンは事件を覚えていなく、トムの質問にも動揺する。

トムはケヴィンと考えを別にして捜査班とは別行動で
デイヴィッドと動いていたがニュースが功をなして
自分も被害者ではと名乗りだしたマギーから話を聞く。
マギー自身も当時の記憶が夢のようで曖昧で半信半疑だったけれど
それが現実だったとわかり、マギーも恐怖におののく。
トムは、アリソンにマギーから事件のことを話せば刺激になると考えて
アリソンとマギーを会わす。

そしてここから大きく事件が前進するんだよね。

ある事件が起きて犯人が残したメッセージから
トムはある人物が犯人だと確信する。
あんなにフランクとの事件の関連を拒絶してたのに
今回の事件と大きく関わっていた。
フランクの事件にはある秘密が隠されていたのだ。
一方フィルはフィルで秘密の重圧に押し潰されながらも
ある人物のことを思い出していた。

犯人は思わぬ身近な人にも接近し危険が迫る。
アリソンが見た犯人。
トムを苦しめる過去。
誰が犯人かわかった時より、その犯人の告白のほうが衝撃的かも。



ここから大ネタばれにつきご注意下さい。

刑事が…って展開は刑事ジョン・ルーサーもあるし
こういうダークな刑事ネタって好きねぇと感じるこの頃。
自身、こういうドラマを見過ぎなのかも?(汗)

異色なのは被害者が意識はあっても意思疎通がむずかしい
“閉じ込め症候群”で彼女の視点で描くシーンがあることかな。

容疑者は少なかったよね。
医療の知識がないと今回の犯行って無理だもん。
ラムジー、ビショップ、フィル。
まあ一番怪しいと感じちゃったのはフィルだったけれどね。
アリソンが眠る前の最後に見た顔も騙されちゃった。

フィルは当時トムを助けたけれど、その重圧はすごいものだったんだね。
そしてフィル自身も苦しみ悩み続けていた。
トムとフィルだけの秘密だったのに犯人は何故か秘密を知っている。
あの現場にいたんだ。
そしてトムも知らなかったけれど、犯人を助けていたんだ。
それを知っていたら、トムの苦しみは少しは違かったのかな?

犯人は最後に義理固いことをしたと見るべき?
トム・ソーンの物語はまだ続くようなので
刑事の職を解雇はされなかったってことだよね。
これは犯人がトムのことを話さなかったおかげ?
証拠は何にもないしフィルがまた口をつぐんじゃえば
事件は闇の中にまた葬られるのかも。
フィルも重圧で証言しそうな勢いだったけれど
犯人を助けもしていたんだとわかった今、気持ちが変わるのかも?
推測ばっかりだけれどね。

Scaredy Cat ってもう一つ製作されてるみたいだけれど
放送されるのかなぁ。
関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: その他のドラマ
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
 
Comment
 

No title

ずいぶんHDDDの中身も片付いてきたので録画しておこう…と観始めたら一気に観てしまいました。
面白かったです。
できれば字幕版がよかったけど。

過去の話が出てきて、もしかしてその前の話を見逃してる?と思ってしまいましたが、そうではなくてドラマの中で過去が暴かれていく展開も興味深かった。
怪しげな人達も多かったし。
主人公が苦悩するのはお約束かな。
フィルを演じるアイダン・ギレンは元祖QAFのスチュワートなので、久々にゲイの役を観られたのが嬉しかったです。
本来ならもっとクラブではしゃいでいたんですけど(苦笑)
続編?も是非是非観たいです。きっとWOWOWはオンエアしてくれるでしょう。

NAME:Garoto | 2011.08.06(土) 10:11 | URL | [Edit]

 

Re: No title

> がろとさん♪

中身が片付いて良かったですね、羨ましい!
私は片付いてないのに観てしまい、ここのところ中身が溜まりっぱなしです。
プレミアム放送は吹替え版が多いですね。
私も字幕版で観たかったです。

トムの過去の映像が混じってたので
確かに、もしかしたらシリーズ2作目?とも思ってしまいました。
怪しげな人だらけでしたね(笑)
フィル、一番気になるキャラでした。すぐゲイってわかったけれど
俳優さん自身というより、過去にそういう役してたんですね~。
ちょっとひねた役柄だったのではしゃいでる姿って気になります。
続編でフィルも登場してるようだったので期待してます。
オヤジたちの活躍するドラマっていうのも良かったかも(笑)

NAME:ぽっこ | 2011.08.09(火) 17:13 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。