海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
Sherlock: Season One [Blu-ray] [Import]Sherlock: Season One [Blu-ray] [Import]
(2010/11/09)
Benedict Cumberbatch、Martin Freeman 他

商品詳細を見る


BSプレミアムで放送。
シャーロック・ホームズの現代版で全3話。

ロンドン。
レストレード警部は連続して起きた3件の連続自殺事件について
共通点が多く関連付けて調査中だと記者会見を開く。
死因は被害者全員とも同じ毒を飲んだことによるもので
自殺の兆候もなく、行く理由のない場所で発見されていた。
まだ被害者たちのつながりは判明していないが、あると確信し調査中だ。
と、そこへ出席者の携帯メールが一斉に「違う。」と受信する。
レストレード警部は無視するものの、自殺の線で話を進めるたびに「違う。」と
携帯メールが入る。
メールの送信者は、シャーロック・ホームズだった。

戦場で負傷し帰国した元軍医のジョン・ワトソンは
心的外傷(P.T.S.D)を負い、歩行には杖が必要だ。
また軍人から一般市民への生活の変化に心を閉ざしていた。
ある日、ジョンは、かつての研修医仲間のマイクとばったり出会う。
マイクは今では研修医を教える立場になっていた。
ジョンは部屋を探しているが、年金暮らしの自分には
ロンドンの家賃は高すぎるとマイクに話すと
マイクは自分の職場へジョンを連れて行く。
そしてジョンはそこで実験のために来ていたシャーロックと出会う。

高飛車なシャーロックはジョンに会うなり
ジョンがアフガニスタンからの戦争帰りだと見抜き
話もしないうちから、ジョンがルームシェアの相手だと決めつけていた。
ジョンは会ったばかりで何も知らない相手と住むと決めている
シャーロックに反感を持つが
鋭い観察眼と洞察力を持つシャーロックは
一目でジョンのことを全てお見通しで説明などいらなかった。
シャーロックはジョンに一方的に、明日、ルームシェアするアパートで
会おうと言い去る。

家に戻ったジョンはネットでシャーロックのことを調べる。
シャーロックは「推理の科学」というサイトを運営していた。

翌日、ルームシェアするベーカー街の221Bのアパート前で
シャーロックと落ち合うジョン。
大家のハドソン夫人とシャーロックとは過去に
ハドソン夫人の亡き夫の死刑判決で手助けした縁があり
一等地ながら部屋を安く貸してもらえたのだ。
部屋の中でジョンと話していたシャーロックは
家の外にパトカーが止まるのを見て
4件目の自殺があり、それが今までと違う死に方だと確信する。
シャーロックに協力を頼みに来たレストレード警部によれば
やはりシャーロックの確信は当っていて今度は遺書が残されていたのだ。
レストレード警部が去った後、これは連続殺人事件だと大はしゃぎするシャーロック。
シャーロックはアシスタントとしてジョンを事件の現場へ連れて行く。

現場に到着したシャーロックとジョン。
ドノヴァン巡査部長や検死官のアンダーソンはシャーロックを
変人扱いしていて手厳しかった。
シャーロックがレストレード警部に与えられた時間は2分だけだった。
被害者のジェニファーはピンクのコートを着てうつ伏せ倒れていて
床にRac(空白)heの文字が左手の爪で刻まれていた。
アンダーソンはロシア語の復讐というRACHEだと思うが
シャーロックはRachelだと推理する。
コートの状態や左手の爪、結婚指輪などからシャーロックは
ジェニファーが報道関係者で左きき、複数の相手と不倫していたこと
カーディフから一泊で来ていたと見抜く。
だが現場にスーツケースがなく、シャーロックは犯人の初めて犯した
ミスだと気がつき、興奮した彼はジョンを置いて
スーツケースを探しに出て行ってしまう。

取り残されたジョンは仕方なくタクシーを拾おうと
大通りに出るが、公衆電話が行く先々で鳴り
不思議に思って受話器を取ると、謎の男から会いたいと言われる。
謎の男の迎えの車に乗り、人気のない場所へ連れて行かれたジョン。
謎の男は自分のことをシャーロックの究極の敵だと紹介する。

++++++++++++++++++++++++++
 
このドラマは面白ーい!
3話あるから、つながってるのかなって
それなら一気に観るのがいいやって録画ためておいたけれど
一話完結だった。

最初、シャーロックの早口で口数の多い姿に
理屈攻めで疲れちゃうドラマなのかなと思ったけれどそんなことはなかった。
途中、ニコちゃん動画かと見間違うシーンもあったり(笑)
あれってオリジナルにはない日本だけの演出かとも思うけれど??
あと、コートが“ぬれてる”とか“かわいてる”とか
シャーロックがどこに注目してるのかも字幕入り。
すごく楽しいし、視聴者に優しいかも。
でもまたこだわるけれどオリジナルは?
それとネット好きにはネット検索も登場しちゃう調べ方は
親近感をおぼえるな(笑)

戦争から傷を負って帰ってきたジョン・ワトソン医師。
心的外傷を負い、片足は引きずり杖がなくては歩けない。
悪夢も見ていて彼は心を閉ざしていたが
ルームシェアの相手としてシャーロックと出会う。
(男同士でルームシェア、すぐさま大家さんは2人が
カップルだと思い込む・笑)
シャーロックは自称コンサルト探偵。
得意稀な鋭い観察眼と洞察力で相手のことは何でもお見通し。
ただ高飛車で早口、押しが強くてジョンは嫌とは言えない。
最初はそんなシャーロックの態度が嫌そうだけれど
だんだん彼のペースに巻き込まれ、やりがいを感じていく感じ。
戦争から帰って来てウンザリしてたんだよね、ジョンって。
心的外傷はあっても、本心では戦争に戻りたかったから
平凡な日常はつまらなかったろうし、自分の居場所ではないとイラついてもいた。
だからシャーロックの世界は魅力的だったし飛びついたんだろうな

だいたいジョンの心的外傷って他の人にも指摘されるけれど
ちょっと怪しかった。
途中、犯人を追う時、ついに杖なしで走っちゃったものね~(爆)
最後にこの意味が明かされるけれど、このオチほんと笑える。

連続自殺事件。
自殺の兆候もない3人の男女が、行く理由もない場所で同じ毒を飲んで死亡。
そして4人目の自殺者。床に遺書らしき言葉。
現場を見てシャーロックはスーツケースがないことに気がつく。

警察からは変人扱いされ、将来は自ら犯罪を犯す変質者とまで
疑われているシャーロック。
ここまで言われちゃうなんて可哀想。
シャーロックはジョンのことを見抜いているけれど
確かにジョンにしたらシャーロックのことなんてほとんど知らないものね。
殺人事件に大はしゃぎするシャーロックを見たら
ちょっとそう思っちゃうかも…。
その中でレストレード警部だけはシャーロックの能力を認め
彼の手助けを必要と感じているんだよね。
手助けないとほんと無能っぽい(汗)

で、スーツケースはシャーロックが見つけたけれど
それでシャーロックは警察そっちのけで独自の調査。
なんと被害者のジェニファーの携帯電話を犯人が持っていると推理して
メールを出して犯人をおびき寄せようとするもの。
シャーロックとジョンがシャーロックの知人のウェイターのいる店で
張り込むとまたもやカップルと疑われる2人。
女性には興味なく仕事と結婚しているとシャーロックが言ったけれど
ゲイだって事を否定しなかった気がする。
ジョンが誘っているとシャーロックが誤解するというのは
ジョンとシャーロック、どっちがゲイっぽく見えるのかな?(笑)
映画版だとあまりに2人がカップルって匂わせちゃったから
ずいぶんもめたみたいだけれど、一応否定しているし
これは大丈夫?

この先、大ネタバレありにつきご注意を。





結局、おびき寄せ作戦は成功してたんだよね。
たまには推理が及ばない時もあるよってことで
客ばかり目がいって運転手を見逃しちゃった。
で犯人からシャーロックに接触。
その犯人とは「ホワイトチャペル」のマイルズだったー!
シャーロックの性格を利用して
薬を飲ませようとするマイルズ(違うって・笑)
あのままだったら飲みそうだったな。
ほんと毒か違うのか当ってたのかな?
薬を光に当てて見てた時、粒の結晶ぐあいから
シャーロックなら毒か判別できるのかなとか思っちゃった(汗)

事件解決。でも裏には彼を操る本当の犯人がいた。
それは小説さながら、シャーロック・ホームズの敵モリアーティ!
このあとの事件でも裏で手を引くんだろうな。

ジョンに接触してきた究極の敵は実はシャーロックのお兄さん(爆)
ジョンはガックリ。
兄弟仲が悪そうでシャーロックを心配する兄というより
国の脅威にならないか調べてるって感じ。
ジョンってお兄さんの部下の女性に声をかけてたけれど本気じゃないよね?
関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: その他のドラマ
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。