海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
Cape: Complete Series [DVD] [Import]Cape: Complete Series [DVD] [Import]
(2011/07/05)
David Lyons、Keith David 他

商品詳細を見る


WOWOWで金曜日から始まったアメコミが原作のヒーロー・ドラマ。
字幕で観たかったけれど、録画の関係で吹替えで視聴。

主人公ヴィンス・ファラデーは、大都市パームシティの警察官。
美しい妻デイナと最愛の1人息子トリップとの3人家族。
トリップには毎夜、トリップが大好きなアメコミ・ヒーロー物の
『ザ・ケープ』を読んであげるのがヴィンスの日課だ。

パームシティでは、今日、市長が新しい警察署長に
トム・ロスを任命する予定だが、マスクの殺人鬼“チェス”が
トムを殺すという脅迫をしてきており、警察は警戒していた。

署に出勤したヴィンスは同僚のドナから
組織犯罪を暴くブログを運営している
オーウェルというブロガーの情報によれば
新署長暗殺の脅迫が署内から出されたのだと聞かされる。
パームシティ署には汚職が蔓延していて、オーウェルの告発する
汚職警察官のリストには、ヴィンスの同僚の名前も数名あがっていた。

その後、ヴィンスはトムの警備を勤めるが、気がついた時にはすでに遅く
トムはドナと共にチェスに殺されてしまう。

やりきれない思いが残るトムは、同僚で友人のマーティから
信じられない同僚たちに見切りをつけて
軍事産業のアーク・コーポレーションへ移籍しようと誘われる。
アーク・コーポレーションの社長は億万長者のピーター・フレミングで
新署長が暗殺されたことで警察を半年後に民営化し統括することになったのだ。
ヴィンスはデイナと相談して、早期に移籍することにする。

そしてマーティとフレミングに会い、アーク・コーポレーションへの
出勤日を決めたヴィンスだったが、その夜、オーウェルがPCで接触してくる。
オーウェルは正義感の強いヴィンスをずっと見てきたが
ヴィンスがフレミングを信用して彼のところで働くことを知り
トムを殺害した“L―9”という秘密開発された化学兵器の情報を
ヴィンスに教える。
“L―9”をパームシティに持ち込んだのは通称“スケールズ”という
西海岸で最大の密輸業者の男でスケールズとチェスが手を組み
大量の“L―9”を列車で運ぶ。
オーウェルはヴィンスに「それを止める気があるか?」と言い
また連絡すると言って通信を切る。

気になったヴィンスは夜中にマーティを呼び
アークの滑車の中にあったオモチャの中から“L―9”を発見する。
ヴィンスはアークの真実に気がつくが男たちに襲われ
首に注射されてしまう。

その後、ヴィンスは椅子に縛られた状態で気が付く。
目の前にはチェス台があり、傍らにはマーティが立っていた。
そして殺人鬼のマスクを被ったチェスが登場し
彼はマスクを脱いでヴィンスに自分の顔を見せ
トムを殺した犯人の汚名をヴィンスに着せると言う。
チェスに命令されたマーティはヴィンスの顔に
マスクを被せ金具で外れないようしっかり留める。

マスクのままパームシティを逃げ惑うヴィンスを
アークの警備員が追う。
その様子はニュースで流され、デイナもトリップも見ていた。
ヴィンスは途中でマスクをなんとかはがすが
その顔を見たトリップは尊敬する父親がチェスだと思いショックを受ける。
ヴィンスは化学薬品のタンクを積んだ滑車の下に逃げ込むが
アークの警備員たちがタンクを撃ち、タンクは爆発炎上する。
しかし危機一髪、ヴィンスは逃げ延びていた。

気を失ったヴィンスを捕まえたのは
クライム・カーニバルというサーカス団の連中だった。
彼らは強盗犯でもあった。

+++++++++++++++++++++++++++++++

 
主役のヴィンスは「ER」のサイモン医師役を演じた David Lyons
ということで、方やプレイボーイでどうしようもない役(汗)
方や正義感強い刑事で家族思いと
すっごいイメージが違う役だけれどそれはそれで切換えできたかなぁ。

架空の都市パームシティの汚職だらけの警察署。
軍事産業アーク・コーポレーションを営む億万長者のフレミングは
警察の民営化を虎視眈々と狙っていたが
チェスに新署長が暗殺されて、一気に警察の民営化を図る。
裏では賄賂が横行している。

一方、ヴィンスは新署長の警護にあたっていたが
チェスに新署長を殺害されてしまい凹む。
何より同僚たちが汚職にまみれていて信用できない。
そんなヴィンスを友人で同僚のマーティがアークへ誘う。
ヴィンスはアークの実態を知らずに移籍することにする。

パームシティではオーウェルという組織犯罪を暴く謎のブロガーが活躍していたが
ヴィンスはあまりオーウェルを信用していなかった。
ところがアークへ早期移籍が決まった矢先
オーウェルがPC上でヴィンスに接触。
オーウェルは正直な警官のヴィンスがアークに移籍したことを残念がっていた。
そしてオーウェルはヴィンスにアークが関与する新署長殺害に使われた
化学兵器のありかの情報をヴィンスに教えるが
この情報でヴィンスの人生は一転してしまう。

友人マーティの裏切り、チェスの正体がフレミングだということを知るヴィンス。
彼らに新署長殺害の汚名を着せられたまま
世間や家族には死亡したことになってしまったヴィンスは
サーカス団、でも実は強盗団でもあるクライム・カーニバルに捕まり
アークへの強盗を手伝うことを交換条件に命を助けてもらう。
自分の無実や生存を家族に伝えられない悔しさのまま
サーカス団にいついたヴィンスはある日、古いケープを見つけ
団長のマリーニからケープを使ったマジックを教えてもらい
息子の大好きだった「ザ・ケープ」のヒーローとなる。


息子に自分の無実や生きているって事を伝えられない主人公が
練習に練習を重ね、息子のヒーロー、ケープになって
息子とつながっていたいって気持ちが切なくなる。

あのケープを使ったマジック、どう見てもマジックでは
できないでしょう!って思っちゃうけれど
テレビのマジックショー見ても高度なものが随分あるし
あれくらいのことできるのかもね(笑)
普通の警察官だったのが、スーパーマンのように急に強くなるべくもなく
技術は磨いた物の、初回は弱かったなぁ(汗)
でもその弱さを強さに変えたのは家族への想いだったね。

オーウェル役は Summer Glau
この女優さん、ドラマのターミネーターのサイボーグのイメージがなくても
ホラー系似合いそうだっていつも思っちゃう。
最近だと「ドールハウス2」で登場してきたけれど
ちょっといやーーな役だったなぁ。でも似合ってた(汗)

マリーニはいい役だよね。
見かけよりずっと頼もしそうなのに
あれ?最後はーーって思ったら騙されちゃった(爆)
ロロの役の俳優さんは確かCSI…NYだったかなぁ
プロレスラーの役やってたから、この強い役って納得。
フレミング役の James Frain はTrue BloodのS3に登場。
この俳優さんもいろんなところに登場してる。
今回の爬虫類目は怖い!

まぁ、アメコミなんで自由に描いてくれればいいわけで
切なさを感じながらも気楽に楽しめるし
あとは初回のスピーディーさを保ってくれればいいかな。
関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: その他のドラマ
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。