海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
Closer: Complete Sixth Season [DVD] [Import]Closer: Complete Sixth Season [DVD] [Import]
(2011/06/21)
Kyra Sedgwick、J.K. Simmons 他

商品詳細を見る


アルマンドの妹でスキャンダーの伯母で病院勤務のサラの死体が
サラの自宅で発見される。
遺体は硬直が始まっていて、死後2~5時間で
その時すでにスキャンダーは市警に拘留されていた。
遺体の状況から犯人はサラを殴り倒して喉を切り裂いたとわかる。
部屋からアニラと同じくPCがなくっなており
ブレンダはタオにサラの使っているプロパイダーの
捜索令状を取らせる。
そしてプロベンザに嘘をつくスキャンダーへ家族の死を伝え
真実を聞き出すという、辛い役目を任せる。

モラレスは検視に呼び出され渋々だったが
サラの遺体にアニラと同じく残虐な拷問を受けた痕があるのを見て
アニラの遺体を調べ直すことにする。

事件を受け、アルマンドの家に警護の警官を配備する。
だがアルマンドの妻ジョーンは立腹で市警を訴えるつもりだ。

スキャンダーはプロベンザから事実を知らされ一晩中泣く。
何故、スキャンダーが伯父や伯母について嘘をついたのかは
まだ話せない状態だった。

シャリクとアルマンドの口論の音声をレイダー警部補が
重犯課に届けバズが音声を抽出する。
だが親子がアルバニア語で話していたため意味がわからなかった。
レイダー警部補は音声の交換条件で、もう一度スキャンダーと話し
誘拐という供述を取り下げ旅行に行きたいと言い張り
ブレンダは仕方なくオーケーする。

その時、タオがサラのメールを確認できたとブレンダにメールを見せるが
やはりアルバニア語で意味がわからなかった。
だが虐殺の前日に送ったメールには写真が添付されていて
そこにはジョーンが写っていた。
ブレンダはジョーンから話を聞くため署に呼び出す。

ジョーンは4日前にサラの病院で手術を受けていた。
翌日サラがアニラにメールを送り悲劇が始まった。
タオがアルバニア語辞典で解読できたのは
“病院”“幽霊”という意味の単語だけだった。
ブレンダはジョーンかアルマンドに訳してもらうことにする。

サンチェスはスキャンダーのDNA鑑定の結果をブレンダに報告するが
手違いが起きて興味深い真実がわかる。

ブレンダの家で怖ろしい犯罪が起きたとフリッツから連絡が来て
ブレンダが急いで家に向かうと、ブレンダの両親のキャンピングカーに
犯罪現場の黄色いテープが張られていた。
キャンピングカーからクリスマスプレゼント全てと
電子レンジが盗まれてしまったのだ。

+++++++++++++++++++++++++++++
 
前・後編のクリスマス・エピはちょっと辛口だったなぁ。
やっぱり、親子の口論の内容は重要だった。
クリスマスじゃなくて、もっと人手がいて
アルバニア語の通訳が探せてたら…と思っちゃうよね。

ま、最初から長年会ってないとはいえ、親の顔が一瞬わからないってのも
変だったよね。
スキャンダーの嘘つく態度が、怖ろしい子供の犯罪か?って
気にもさせられたけれど、彼は祖国のことを祖父から聞いていて
権力に対して信用できなかっただけなんだ。
家族みんなが殺害されてしまったことを知ったスキャンダーは
素直になって祖父の言っていた真実を泣きながら話し始める。
可哀想だったなぁ。
あんな憎まれ態度とっていたスキャンダーに対して
最初からプロベンザが同情してたのもジーンとくる。

でもこうなってくるとジョーンもその子供たちも被害者。
信じていた夫は被害者じゃなくて加害者だったのだから。
それも女性として許せない残忍な加害者。
戦争で最初どちら側につくかって(どっちが被害者で加害者か)迷うって
ジョーンが言っていたけれど、ほんとそうだよね。
どちらも家族殺されて相手が憎くて、それが長年積もって
どんどん憎しみも増して何やっても国のためとかって
思っちゃうんだから。
でもスキャンダーの家族たちに起こったことは
特にアニラたちが殺されちゃったことは
戦争云々じゃなくて、自分の身を守るためだけの冷酷な犯罪。

これはなんとしてでも犯人を捕まえなければ。
でも夫婦の間で話したことは裁判では証拠として取り上げられず
ジョーンが話した証言も使えないのかなと思ったところで
さすがブレンダ。
アルマンドからある事実を認めさせたことでクリアできた。

スキャンダーは自分の異母兄弟と一緒に住むことに。
ジョーンの考え方は立派だから、きっとちゃんと育ててくれるだろうな。
天涯孤独にならず(父親はぬいて)肉親が残っていて良かった。

暗い事件で終わったけれど、今回もう一つ事件が(苦笑)
ブレンダの両親のキャンピングカーが何者かに狙われ
クリスマス・プレゼント全部と電子レンジが盗まれてしまった。
訴えるにも、秘密の中身をブレンダにばらさなきゃならないし
もうプレゼントは売られてしまっていて見つかりっこないとフリッツも言うし。
何が大切ってプレゼントより家族で一緒のことのほうがぁぁ~~~と
盛り上がる両親&ブレンダとフリッツ。
お手手つないで家族は一緒って(笑)
でもこれってブレンダたちの作戦だったんだね~。
ロサンゼルスは危ないところって両親に思い込ませるための。
電子レンジの盗みはご愛嬌?

最後はブレンダ一家と共にポープや特捜班チームとレイダー警部補
そしてモラレスとタイラーやバズも一緒に
ブレンダのお母さんの(レイダー警部補手伝い)手作り料理で
クリスマスパーティー。
いいよねぇ、アットホームで!
レイダー警部補が仕上げたスイートポテトに
ブレンダの最後の「焦げてる」ってのは大爆笑だった。
関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: The Closer
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。