海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
やっぱり面白い!!

1968年。
看護師たちの寮(現ハーモン家)
仲間の看護師たちが遊びに出かけ、残っているのは
信心深いマリアと大柄の看護師。
そこへ尋ねて来る、頭に怪我を負っているらしき1人の男。
マリアが玄関先に行くと、男は怪我の手当てをしてもらいたいと
彼女に頼む。
マリアは部屋に招き入れ、男の怪我を消毒しようとすると
男は「イエスが救ってくれると思うのか?」とマリアに問う。
マリアは「皆、もう救われてるわ。」と答え
ふと男の頭に傷がないことに気がつく。
と、突然、男はテーブルにあった灰皿をマリアの頭に叩きつけ
マリアは気絶する。
大柄な看護師は男の言うことも聞かず逃げようとするが捕まり
2階のバスルームへと連れて行かれ溺死させられる。
天井からの水滴で気がついたマリアは
男に看護師の制服に着替えさせられ縛られる。
マリアは必死に神に祈りを捧げるが、男に殺されてしまう。

現在。
ベンはテイトを診察するが、テイトはヴァイオレットや
ベンの浮気のことを持ち出しベンを挑発。
ベンはテイトを診察することに限界を感じる。
テイトの診察中、かつての浮気相手から何度も電話があり
仕方なくベンが電話に出ると、彼女が妊娠したと知らされる。

ヴァイオレットは顔に深い傷を負ったリアと会う。
両親や警察にはひったくりに襲われたことにしていた。
怯え震え上がるリアはまた煙草を吸い始め
髪の毛の一部は恐怖で白髪になっていた。
悪魔を信じないと言うヴァイオレットにリアは悪魔を見たと言う。

ヴァイオレットの寝室で彼女の寝顔を見つめるテイト。
と、ベンとヴィヴィアンは家の警報の音で飛び起きる。
ベンが玄関を確認すると開いていて地下室にアディがいた。
ベンはアディを追い出す。
怒りでアディを侮辱するベンの言葉を聞いたヴィヴィアンは
思わずテイトを非難する。
ヴィヴィアンは妊娠したのにヴァイオレットの時のような
つわりがないことを気にしていた。
赤ん坊に異常があるのではと心配していたのだ。

翌日、ベンは新しい患者ビアンカを診察する。
ビアンカは体を切断される、怖ろしい悪夢に悩まされていると話す。
と、彼女は突然「殺人の館の住み心地はどうか?」とベンに尋ねる。
ビアンカ曰く、この家は有名だった。

ビアンカを帰したベンは、キッチンでテイトの両親に
他の精神科医に紹介すると電話していたが
背後にビアンカがいるのにベンは驚く。
ベンはビアンカを正面玄関から追い返す。

コンスタンスはカップケーキを焼く。
生地にはひどい吐き気を起こし、時に内出血を起こすシロップを
たっぷり混ぜ、アディの唾も入れて。
焼きあがったカップケーキをコンスタンスは
ハーモン家へ持っていく。

ベンはジョギング中、以前に家に住んでいた火傷男ラリーに出会う。
ラリーはベンが浮気相手のことで悩んでいると知り
ベンを非難する。
ベンはヴィヴィアンに嘘をついてボストンの浮気相手の元へ向かう。

++++++++++++++++++++++++++++++++
 
やっぱり、ありきたりじゃなかった!
家のネタっていっぱいあるから、正直またか~とか
思っちゃうところもあったけれど、2回目観た限りでは
さすがだなぁと。
グイグイ惹き付けられる展開。
他のホラーも観ているけれど、アメリカ慣れしてるのもあるのかな
一番観やすいってのはある。
意外にもイギリス製のベッドラムで苦戦しているってこともあるし。

この家って昔は看護師さんたちの寮でもあったんだね~。
あの初回の悪がきが忍び込んだ時は廃墟に近かったけれど
あの殺人事件があってのことだったのかな。
この冒頭のエピソードは、そうか、この家であった殺人事件の一つを
紹介しているのかなと観てたけれど
それがあとのエピに絡んでいくんだね。

マリアって名前で信心深いとなっちゃ、悪魔には気に食わない存在なのかな?
フランクリン、やたら神様信じるか?みたいな態度だったものね。

そして現在。
こういう昔の事件に魅せられちゃって、同じことしたくなるような
サイコな男女に狙われてしまったハーモン家。
しかもベンが妊娠したかつての浮気相手に会いに行っている間に。
ラリーって家の警告しつつ、なんかベンを操っているようにも思う。

今回、展開がうまいなって思ったのは、あのコンスタンスの
カップケーキだったなぁ。
ヴァイオレットが廊下に置いちゃって、犬が食べないかとヒヤヒヤだったけれど。
それにしてもあのカップケーキ、ハーモン家は誰も食べなかったね(笑)

ヴィヴィアンが目撃してしまった浮気相手とは別人?
ばれたら大変って言ってたけれど、妊娠がばれたら?
奥さんと愛人が妊娠なんてねー。
ま、ヴィヴィアンを妊娠させた相手は…、考えるとこわーーい!!
生まれてくる赤ん坊ってどうなっちゃうんだろう。
ベンは家の非常事態に、手術する浮気相手を見捨てた形にしたわけで
今度は浮気相手にばっちり恨まれそう。

テイトが殺人をしているけれど、結局は家の悪霊がそうさせているんだろうな。
思ったのはテイトとモイラとコンスタンスは
悪魔(悪霊)に取り込まれているってこと。
彼らが何を望んでいるのか知っていて
(ベンに診察を続けさせたいみたいだけれど)
その手助けしてるものね。

ビアンカたちはまさに悪魔のような犯行だったのに
殺されるのは彼女たちだったわけか。
その悪に満ちた考えの霊たちがまた家に棲みつく?
そうやって家は力を蓄えていく?

侵入者で人を殺したテイトでも必要な時に家にいたわけで
いなかったベンはますます家族の中で孤立。
ヴァイオレットの愛情は母親へ傾いていくけれど
これも家の悪霊たちの作戦ぽい。
関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: American Horror Story
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。