海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
1983年。コンスタンスの家。
寝室のベッドを整えるモイラに
酔ったコンスタンスの夫ヒューゴが言い寄る。
モイラはこの間のことは過ちだったとヒューゴの誘いを断るが
ヒューゴは聞き入れずモニカに襲いかかる。
そこへモイラの泣き声を聞きつけたコンスタンスが現れ
銃を一発、鏡に向かって撃つ。
驚くモイラとヒューゴ。
コンスタンスはさらにモイラの右目を撃ち抜く。
そして最後にヒューゴへ銃を向けると胸に3発の撃ち込み殺す。

現在。
ヴィヴィアンはビアンカたちに侵入された家から
一刻も早く引越ししたかった。
だがベンが投資に失敗して財産を失ったことを
秘密にしていたことがわかり
ヴィヴィアンは、またもや信頼を裏切ったとベンを責める。
ベンは家を売ろうと提案するが、ヴィヴィアンには売れるまで待てず
家を借りてでもすぐに家を出たかったヴィヴィアンは
ベンと言い争いになる。
しかし開業したばかりで金がなく、しかも家は仕事場でもあり
ヴィヴィアンは家を売ることを不動産業者に
相談することで妥協する。
ただしベンに次に嘘をついたら許さないと言い渡す。

翌日、この家を売った不動産業者を呼び出したヴィヴィアンは
過去の事件を教えなかったと不動産業者を責める。
法的には問題なかったが、不動産業者はヴィヴィアンに訴えると脅され
渋々、家を売ることを請け負う。

コンスタンスはハーモン家の食器棚から銀食器を物色しているところを
モイラに見つかる。
だがコンスタンスは慌てず、逆にモイラに磨くよう命じる。
コンスタンスは銀食器が一式揃ったらネットで売って儲けるつもりだ。
怪しまれるのはモリアだが、ヒューゴのことを持ち出し
モイラを精神的に苦しめる。

ベンは新しい患者の黒人女性サリー・フリーマンを診察する。
サリーは23年間の結婚生活を終わらせるため
来週、離婚届を出すのだと話す。
ベンはサリーの話を聞きながら、いつしか意識が朦朧とし始め
気がついた時には庭で血だらけの手を見つめていた。
家に入ると玄関でモイラが床の血を掃除していた。
モイラは診察室の血も掃除と言う。
ベンは診察室へ入るがレコーダーが見当たらなくパニックになる。
モイラは艶めかしく慌てているベンに迫り
ベンは思わずモイラの腕を掴んでクビだと言い渡す。
そこへヴィヴィアンが来る…。

ヴィヴィアンは庭でバラの手入れをしていたが
そこへ“永遠の闇ツアー”の見物客を乗せたトラックが通りがかり
家がツアーコースになっていることを知り愕然とする。

+++++++++++++++++++++++++++++
 
家がホラーツアーコースの一部なんてわかったら
そりゃ愕然としちゃうよね(苦笑)
でもこんなツアーコースになっている家を買っちゃうなんて
不動産業者が昔、昔の事件を教えなかったからのせいもあっても
下調べもっとしたほうが良かったんじゃないのかな。
町で最も有名な家なんだよ。
前の家主夫妻の事件を教えられた時に…。
でも今更言っても遅いけれどね。

それにしても今回は前回のような血みどろな事件は起きなかったけれど
ある意味衝撃的な回だった。
なんとコンスタンスの夫ヒューゴ!
ありゃりゃWITHOUT AQ TRACE のマーティンこと
Eric Close じゃありませんか。
出てきて、おお~~やった!と思ったら
衝撃のパンツ姿。後姿で良かったのか悪かったのか(汗)
で、簡単に殺されちゃった。
ほんの数分の登場だった。
これは頭から消し去らなければ(笑)
記憶も新しいクリミナル・マインド5のラストから
2回目の回で登場のほうがよっぽど良かった。
12月は WITHOUT AQ TRACE ファイナル始まるものね。
マーティン、マーティンと念じたほうがいいかも。

話をストーリーに戻すと、ヒューゴは死んだけれどモイラは?
目を撃ち抜かれて死んだんじゃないの?
いやぁ、これは考え方が2通りあるな。

モイラは生きている…病院で助かったって線。目は義眼?
(ちなみにこれだとモリアは銃が暴発したとか病院や警察に
嘘ついたと思われ、共犯関係になっている。)
モイラは殺されてしまった…が!悪霊たちによって生かされている。

モイラのコンスタンスに母親に会いたい、ここから出してって言い方も意味深。
普通だったらヒューゴと関係したことの罪の意識だけで
共犯状態なまま、こんなに長い間コンスタンスに縛り付けられるかなぁ。
逆にコンスタンスに夫殺害をばらすぞって脅迫できそうなのに。
コンスタンスの好きでここにいないって台詞から察すると
彼女の殺人した悪の意識が悪霊たちにとりこまれて
囚われ人になっているのかも?

他には、ベンにはモイラが若く挑発的に見えているけれど
刑事さんも同じくだったなぁ。
これって男性にはそう見えるのかなぁ。
いつも疑問に思うのは、老女モイラが若いモイラと
同じこと言ってベンに迫ってるのか?ってこと。
想像すると怖ろしいけれど(爆)
クビを言い渡された後のモイラの激怒ぶりは怖かったな。

そして心配したとおり、ベンの浮気相手が乗り込んできちゃった。
そりゃ相手にしたら、一番支えが欲しいときにベンが逃げたとしか
思えないよねぇ。
彼女の行動は怖いけれどね。
こりゃヴィヴィアンにばれちゃうのも時間の問題とか思ってたら
ビックリな展開だったな。

で最後にツアーの話に戻るけれど
あのぞぞぞってするようなホルマリン漬けの体の一部
どういう流れであれがあそこにあるのかってのはわかった。
でも小出しだよね(笑)
もうちょっとでもっと詳しい事情がわかりそうだったのに
ツアーに内緒で参加していたヴィヴィアンの体に異常が。
バスを降りて慌てて家に向かって
運転手兼ツアーガイドのおじさんに
家に勝手に入っちゃ駄目だよって言われて
あれは私の家って言っちゃったところも苦笑だったな。

1922年。薬物依存によるモンゴメリー博士の
狂気に満ちた人造人間の実験。
博士の妻のノーラがそのままの若さで現在に登場してきて
またもや謎めいてきたな。
あの赤ん坊だって生きてれば90近いはず。
(まさか自分の娘を実験に使わないよね…。??)
その孫かな。
でも寝室にいたあのノーラは…。
関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: American Horror Story
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
 
Comment
 

こんばんは。NIKITA1997のDVDについてですが、吹き替えか字幕はあるんですか?返事お待ちしております。

NAME:山縣 | 2011.11.30(水) 22:14 | URL | [Edit]

 

Re: タイトルなし

> 山縣さん、こんにちは。

最近チェックしてないので、日本で発売予定があるのかわからず
情報が古かったら申し訳ないのですが
日本で出したDVDは過去にあったようで持ってる方もいらっしゃいますが
それなら吹替えも入ってると思います。
ただ、もう発売されてなく、その方も昔たまたま何本か見つけたようなので
現在、手に入れるのは困難だと思います。

今手に入れるとしたら輸入版です。
なので勿論日本語の吹替えは無理ですが
英語字幕ぐらいなら入ってるのか…それも持っている人じゃないと
わかりません。

お役にたてなくてすみません。

NAME:ぽっこ | 2011.12.01(木) 12:20 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。