海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2010年。ハロウィンまで数日。
ハーモン家の前の家主チャドは、家を温かく家庭的にみせ
雑誌に写真を撮って載せようと、台所でハロウィンの装飾を作っていた。
それはパートナーのパトリックと全財産を家に投じたが
最悪な景気なうえ、パトリックとの関係も冷えたため
家を売って出直したかったからだ。
手伝いもせずジムに行こうとするパトリックに
チャドは彼の浮気について嫌味を言う。
パトリックは浮気を認め、2人の関係が冷えたことを
こんなはずじゃなかったと嘆き、ジムへと出かけていく。
1人残ったチャド。
気がつくと戸口に黒づくめのコスチュームを着た男が立っていた。
チャドはパトリックだと思うが、男はチャドを
赤いリンゴを浮かべたバケツに顔を押しつけ
首の骨を折って殺してしまう。
と、その時、パトリックが帰って来て…。

現在。
家を売りたいのに見学に来る者も少なくヴィヴィアンは苛立つ。
ヴィヴィアンとベンは不動産業者の勧めに従い
家の印象を良くするためハロウィンの装飾をしようと
低料金で雇える若いゲイの装飾業者を雇うことにする。

コンスタンスは自分の若い恋人と娘アディが
親しそうにしているのが気に入らなかった。
アディが可愛くても、恋人を2人で分け合う気はないとアディに釘を刺す。
怒っているコンスタンスは、ハロウィンに美人に仮装したいというアディに
毎年と同じスヌーピーの仮装をさせようとする。

ヘイデンを殺したラリーがベンからお金を脅し取ろうと尋ねて来る。
ベンはきっぱり断るが、ラリーは諦めない。

ベンはテイトに質問をしたく再び診察する。
テイトはベンが紹介した精神科医の診察をすっぽかしていた。
ベンが理由を尋ねると、テイトはベンの診察を受けたいと言う。
しかしテイトは、ベンの家族が襲われた時に家にいた理由を
ヴァイオレットに会いたく侵入したからと認めたため
ベンは診察を一旦は断る。
だが泣いてベンの診察を受けたいと請うテイトに同情したベンは
家ではなく外で診察することにする。

ヴィヴィアンは警備会社を雇うことにする。
モリアはハロウィンに母親を訪ねたいとヴィヴィアンから許可を得る。

夕暮れ時。
ハーモン家にゲイカップルの装飾業者が訪れる。
なんとそれはチャドとパトリックだった。
ヴィヴィアンとベン、チャドとパトリックは早速
玄関に飾るカボチャを刻む。
家を売るためのアドバイスを求めるヴィヴィアンにチャドは
裏庭に建てたあずまやを撤去して花壇を作ろうと言う。
それを聞いたベンは動揺して手を切ってしまう。
2階でパトリックの手当てを受けるベン。
パトリックはベンに言い寄り始める。

++++++++++++++++++++++++++++++++ 
なんかすごいことになってきたけれど
あれもこれもハロウィンのなせる技?
死者が生者の世界を歩ける日。
出てきたのは前の家主のチャドとパトリック。
前回のノーラもその影響なのかなぁ。
怖かったのは最後に登場したヘイデン。
あちゃぁ~おりゃぁ~みたいな(爆)

衝撃の展開?だったのはアディの死。
どのハロウィンの格好より美人マスクの無表情さが
怖い気もしたけれど、本人はすごい喜んでた。
それだけに可哀想だったなぁ。
コンスタンスにしてみれば複雑な娘への愛情。
虐待したりしてるけれど、結局は娘の希望を受け入れて
あのマスクさせてあげたわけだしね。
一生懸命、家に入れようとしたって事は
やっぱり家に力があって死にかけの人なら救ってくれるのかも。
ただし魂は囚われられちゃう?

モリアは母親を殺し、その母親は幽霊になって
モリアも早くこちらの世界へ来いって言っている。
モリアも魂が囚われ生と死の狭間の世界にいるのかな。

前回、小出しにしたこの家が呪われた真実がやっとわかった。
でもこれってかなり残酷だよねぇ。
前回、頭に浮かんだことが真実になっちゃった(汗)
赤ん坊誘拐した犯人も相当狂っていると思うけれど
ここまで博士も狂気に走るのは、その前から家に邪悪さがあったとか?

ヴィヴィアンって、前回バスツアー途中までだったし
実際に何があったのか最後まで聞きたいと思わないのかな?
周囲が知っているのに住んでいる本人たちだけが知らないのって
ちょっとイラっときちゃうな。

今回のゲスト。
前回のゲストはWATのマーティンだったけれど
今回はHEROESのサイラー( Zachary Quinto )
彼ってつい最近、カミングアウトしたよね。
だからこの役ってすごいさまになっている。
相手のパトリック( Teddy Sears )は
LaLaで放送していた「レイジング・ザ・バー」で主人公の同僚役だった。

チャドはこの家も自分たちもヴィヴィアンたちの家だとは
認めていないと言っていたけれど
だったらもっと家が彼らを追い出しやすくするはずなのに
逆に家に縛り付けようとしている感じ。
チャドの勝手な意見ってことかな。

それにしても、こういう呪いのある家にハロウィンは危険だわぁ~(汗)
関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: American Horror Story
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。