海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
Luther [DVD] [Import]Luther [DVD] [Import]
(2011/10/25)
Steven Robertson、Golda Rosheuvel 他

商品詳細を見る


後編。
リプリーは行方不明となり、現場は警察と野次馬で騒然となる。
残された車には血痕の痕があり、犯人と格闘した痕跡があった。
ルーサーは、犯人が町中で人体を運ぶリスクを負ったのは
この騒ぎを演出するためで、リプリーは生きていると確信する。
あとはリプリーがうまく犯人と立ち回れば
生き延びられるとルーサーは考えていた。

その頃、リプリーは犯人に下水道で手を縛られ
首にはロープが巻かれ、半ば吊られた状態で監禁されていた。
犯人はバーナーで鉄の棒の先を熱し
リプリーのわき腹に押し当て拷問を続ける。

調査本部で、ルーサーは犯人をプロファイルし手掛かりを追う。
犯人は最近、母親の遺産が手に入り全額引き出していた。
犯人のアート製作の作品からルーサーは、犯人が姿を消すことで
名を残すつもりだと考え、偽のIDを作ると推測する。
引き出された大金はそのために使うはずで、金の行方を追えば
犯人にたどり着くはずだった。
ルーサーはまず刑務所の人脈を調べることにする。

ジェニーはマークの元に隠れていた。
そんな時、キャロラインの家に売春組織の元締めの女が
仲間と共に尋ねて来る。

ルーサーの持っていたリプリーの携帯電話が突然に鳴り
犯人からだと気がついたルーサーは皆を静かにさせ
ベニーに逆探知するよう指示を出す。
ルーサーが出ると、いきなりリプリーの苦しみ叫ぶ声が聞こえてくる。
ルーサーは犯人が話し始めると、電話を切ってしまう。
その後も犯人の電話を無視するルーサーには考えがあった。
しかし仲間にはそれは苦しい決断だった。

グレイの調べで犯人が刑務所仲間のホビーと連絡を取っていたことがわかる。

ルーサーはキャロラインに呼び出され彼女の家に行く。
家に入るとルーサーは女の仲間に強制的にイスに座らされ
左手を机に釘で打ちつけられる。
元締めの女はジェニーとキャロラインの命と自由と引き換えに
交換条件を持ち出す。

リプリーは犯人に調子を合わせ
なんとか殺されるのを引き伸ばしていた。

+++++++++++++++++++++++++++++++
 
前回の続き。
いやーなところで終わっちゃったので先が観るのが心配で
早く観るというより、逆に観るのをためらってしまった。
車の血痕を観たときには、やっぱり、駄目なのか…と。
でも本人はいなく、犯人に運ばれたらしい。
死体じゃなきゃいいけれど…。
でもそこでルーサーがリプリーは生きているって言ったので
ああ、良かったぁ!とやっとホッとできたかな。

それでも下水道での拷問はひどいよね。
犯人がルーサーに電話をかけてきたけれど、ルーサーは無視。
ルーサーも苦しそうだった。
ルーサーには電話に出て犯人と関係を築けば
リプリーは用なしになって殺されてしまうって思いがあっての行動だったけれど
それでもルーサー自身の中で“もし違ったら?”って迷いもあったと思うな。
あの苦しむリプリーの声を聞きながら、電話に出ないでいるっていうのは
ルーサーや仲間にとってかなり辛い時間だった。

リプリーの身を案じるルーサーだったけれど
でもそれだけじゃいられない。
ほんと苦しみを呼び寄せるタイプだよねぇ。
ジェニーを隠したために、売春組織の元締め女から
とんでもないことを言いつけられちゃった。
なんでもそれもこれもルーサーを使いたいために
わざとキャロラインがルーサーに助けを求めるよう仕組んだとか。

ルーサーにしたらばれたらクビな危険な行為。
そればかりか、もしかしたら捕まっちゃうかも?
警察を辞めたいと言っても、リプリーのこともあるしね。
悩んだけれどジェニーのためマークの協力を得て実行。
ヒヤヒヤしちゃう展開。
ベニーに調べさせたけれど、のちのちそれでばれないのかな?と心配。
成功したらしたでも、これでルーサーは売春組織の片棒かついじゃったし
ジェニーをエサにこれからも何かしら違法行為をさせられそうってことで
ジェニーとキャロラインに遠くへ行くよう説得。
でも…やっぱりアリスに言ったとおりルーサーはルーサーなんだよね。
見捨てられない。だからアリスにカードキー渡したし
今度はジェニーを引き取っちゃうし。
それでなくても自分の心の問題だけで精一杯なのに
どんどん悩みの種を受け持っちゃう。

ほんと全部捨ててアリスと一緒に逃げれば楽かもね。
でもそれができないのがルーサー。
アリスも1人で行くとは思えないというか
アリスの存在もこのドラマに大切だから、残るんじゃないのかなぁ。

何にもない部屋。ジェニーがこれもないの?って感じで言っているけれど
ここらへんはなんだかホッとするシーンだったな。
ルーサーがソファーで丸まって寝ている姿は微笑ましかった。
ジェニーとは孤独で寂しい者同士、心は通じ合うよね。
関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: Luther
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。