海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
前回の続き。

ハロウィンの夜。
玄関先でラリーにわめかれ、いたたまれなくなったヴァイオレットに
テイトが黒いバラを持って会いに来る。
2人は出かける。

ベンとヴィヴィアンが娘を心配し病院から急いで家に戻ると
玄関が開き、警報が鳴りヴァイオレットはいなかった。
その時、誰かが玄関のドアを叩いたのでベンが開けると
そこには死んだはずのヘイデンが立っていた。
ベンは思わずドアを閉め、台所から包丁を取る。

ヴィヴィアンはヴァイオレットと連絡が取れホッとするが
ベンが包丁を持っているのをみて訝しく思う。
ヴィヴィアンは疲れ、別居の話は明日にしようとベンに言うが
ベンは家を出て行かないと別居を拒む。

ベンは窺うようにシャベル片手に裏庭へ行く。
するとラリーが現れ、ベンはシャベルで彼を殴り倒す。
ベンはラリーとヘイデンが共謀して
自分からお金を騙し取ろうとしているのだと思って激怒していた。
ベンはラリーを殴り続け、ラリーはそんなベンを
何もわかっていないと小馬鹿にする。

玄関のチャイムが鳴りヴィヴィアンが出ると
警報が鳴り駆けつけた警備会社の警備員だった。
ヴィヴィアンは安心感を覚える。

ヴァイオレットとテイトは海辺でデートをしていた。
2人はいい感じで盛り上がるが、テイトは途中でやめる。
傷つくヴァイオレットにテイトは治療薬のせいだと言い訳する。
2人はそのまま焚き火に向かい、ヴァイオレットはテイトの話に
耳をかたむけていたが、そこへまるでゾンビのような姿をした
5人の高校生が現れる。
彼らはテイトを知っていて、テイトを待っていたと言う。
高校生たちに絡まれたヴァイオレットとテイトはその場を去る。

ヘイデンと話し合おうと彼女に連絡を入れたヴィヴィアン。
ヴィヴィアンが風呂場でキャンドルに火を灯していると
ヘイデンから折り返し電話がかかってくる。
しかし2人の話は決裂し、ヘイデンはヴィヴィアンを挑発する。
怒ったヴィヴィアンは電話を投げつけ切ってしまう。
気を取り直して、風呂に入ろうとしたヴィヴィアンは
洗面所の湯気で曇った鏡に“彼に聞いて”と書かれているのに気が付き
ヘイデンが家に上がりこんでいると知る。

そうとは知らないベンはベンで、包丁片手に
ヘイデンを捜しに地下室へ行く。
ヘイデンは姿を現しベンを誘惑するが、血を吐き
今度は墓石もないとベンを責める。
ヘイデンはヴィヴィアンに真実を知らせるのが目的だった。
ベンは、ヘイデンが病気でセラピーが必要だと迫り
そこへシャベルを持ったラリーが現れ、ベンを後から殴る。

その頃、ヴィヴィアンは、チャドが玄関先のカボチャを
滅茶苦茶に潰しているのに気がつく。

++++++++++++++++++++++++++++++++

 
すんごいことになってる!!
ハロウィンの夜は侮れないよね(汗)
誰が死者で誰が生者か、ほんと怖ろしい。
でも皮肉った笑いも感じる。

まず前回の終わりでヘイデンが玄関先に現れたけれど
ベンはヘイデンが生きててラリーと共謀していると勘違い。
ヘイデンは死んでるんだよ~って、だんだん教えてあげたくなっちゃうよね。
腐って血と肉片を吐くヘイデンの目的は
ヴィヴィアンにベンの真実を教えること。
ベンには愛しさあまって憎さ100倍、いや1000倍だわね(汗)
そうなると女性として、こんな男の真の姿を奥さんは
知るべきだと思うのね。
でも真実聞いて、そりゃベンひどいよ。
どこが反省してたの?

サイラーじゃなくチャドの存在、笑えたな。
死んでもパトリックに嫉妬して、カボチャ滅茶苦茶にしてるし。
この家から出て行けーってわめいているけれど
死者の中では、そんなに怖くない存在だったかも。

ハロウィンの夜が明けるとき、死者と生者がはっきりする…と
思っていたけれど、これもはっきりするのと微妙なのと。
はっきりしたのは警備員もかなり怪しく思えていたけれど(笑)
彼は本当に親切?な警備員なだけだった。
戻ってきたモリアとテイトの存在はやっぱり死と生の狭間みたい。
ラリーは生者?

で、これだけでも後編の内容としては豪華だと思うのに
今回はテイトの真実までわかっちゃった!!
彼が大量殺人したがっていた妄想は妄想じゃなかったのね。
自分は覚えていないけれど。
あのゾンビ高校生たちにしたら、そりゃ仕返ししたくなるよね。
でもわかったのはそれだけじゃなくて
なんとテイトってコンスタンスの息子だった。
だからコンスタンスの家の窓から外を覗いていたのか。
自ら夫と愛人を撃ち、大量殺人犯のテイトを息子に持ったコンスタンスって
苦しかったろうなぁ。
テイトがハロウィンとは関係なしに生者の世界に住んでいるのは
コンスタンスと悪霊たちの取引なのかもね。

ヴァイオレットはコンスタンスからテイトが彼女の息子だと
教えられたけれど、アディより年上で歳を考えると
あの姿が不自然だと気がつくのかな?
それともアディって若い格好してたから
気がつかないのかな?
なんかこっちの気がするけれど。

ベンは真実がばれて別居に同意せざるを得なくなったわけだけれど
あの家がベンを手放すのかな?
まず家にとって大事なのはヴィヴィアンのお腹の子供かもね。

それからあんまり、ホラーでビビることも少なくなった私だけれど
番組の初めのほうで、ヴァイオレットが立っていて
その後の下の方から手が伸びてきたのは
ちょっとビビったな。気味悪かった!
関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: American Horror Story
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。