海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
コンスタンスの家に突入する警察隊。それは1994年。
少しだけ時間は遡る。
ウェストフィールド高校の図書館には教師1人と
勉強する4人の生徒たちがいた。
そこへ突然、銃声の音が外で鳴り響き、生徒たちの悲鳴の声と共に
さらに何発もの銃声の音が聞こえてくる。
何事かと戸惑う教師と生徒たち。
すると1人の生徒が図書室へ逃げ込んできて、ドアをイスや棚で塞ぐと
「誰かが銃をぶっぱなしている。」と説明する。
犯人がドアのすぐ側で銃声を鳴らし、逃げようとしていた生徒たちは
教師と共にそれぞれ棚の影や机の下に身を隠す。
犯人はドアが開かないとわかると別のドアへ向かう。
それを察知した教師が勇敢にもドアを押さえるが
犯人にドアの向こうから撃たれてしまう。
入ってきた犯人=テイトは無情にも
生徒たちを1人、また1人と撃ち殺していく。

現在。
ヴァイオレットは家でウェストフィールド高校で起きた
銃の乱射事件をネット検索し調べる。
そして事件のことや犯人のテイトが死んだことを知る。
信じられず、怖くなったヴァイオレットは母親を捜すがいず
代わりにキッチンでコンスタンスに出くわす。
コンスタンスは全てを知ったヴァイオレットに
自分たちがかつてこの家の住んでいたことを打ち明ける。
そしてこの家がテイトを惑わせ、死んだテイトの姿を
見せているのだと話す。
それからコンスタンスは連れて来た霊能力者のビリーを
ヴァイオレットに紹介する。

ヴィヴィアンはお腹の赤ん坊の悪夢を見て目が覚めるが
物音が聞こえ警備員を呼び出す。
家の中の安全が確認され、ヴィヴィアンは警備員に
浮気が原因で夫が出て行ったことを話す。
2人が打ち解けて話していると、ベンが家に来て
ヴィヴィアンと警備員の様子に少し疑念が湧く。
警備員はヘイデンが車から飛び降りて逃げたようだと
ベンに報告し帰って行く。

ヴィヴィアンはベンを追い出そうとするが
家が職場になっているうえ金もないため
ベンはここで仕事をせざるを得ないとヴィヴィアンを説得し
最後の患者を診るまでという条件付で
ヴィヴィアンは渋々、ベンが家に来ることを承諾する。

コンスタンスとビリーの話を聞いて
リストカットするヴァイオレット。
そこで自分の喉も切る幻想を見る。
そしてテイトが現れ…。

ベンの患者は都市伝説を信じていて
怖くて何も手につかないという中年の男性だった。
ブラッディ・マリーやキャンディ・マンが怖く
明かりをつけてじゃないと眠れないという男性だったが
今度は“ブタ男”が怖くて鏡も見れなくなった。
“ブタ男”の話を知らないベンに男性は説明を始める。

患者が帰るとヴァイオレットがベンのオフィスに入って来て
自分が悪かったと謝る。
ヴァイオレットは心が真っ暗だとベンに助けを求める。

++++++++++++++++++++++++++++++
 
出ました都市伝説!
いろんな都市伝説はあるけれど、むかーし私が映画で観て怖かったのは
キャンディ・マンだったな。
やっぱり鏡見てあの合言葉3回言うって出来なかった(笑)
今回の患者は“ブタ男”が怖かったらしいけれど
あの家で、そんな合言葉言っちゃ、絶対、駄目だよね(笑)
2回目でも、ほらほら、おそろし~~いものが。
3回目がなくて、肩透かしはくらったけれど
なんか彼の結末は皮肉このうえない。

毎回、過去へ戻ってから始まるこのドラマだけれど
今回はやっぱりテイトの事件から。
テイトを説得しようとした体育会系の生徒役の Brando Eaton は
「デクスター 4」でトリニティ・キラーの息子を演じていた。
でも、この凶行を観ちゃうとテイトに同情できない~~って思うのに
ヴァイオレットのところに現れるテイトは頼りなげで
すごく傷ついている少年って感じで
ヴァイオレットが怖くても見捨てられないのってわかっちゃうな。
テイトってすごく愛しているんだね、ヴァイオレットのこと。
彼女を助けようと必死なテイト。
こんな感情があの凶行の前にあったら良かったのに。
でも、それでも家がテイトをあんな風に惑わせちゃえるのかも。

コンスタンスは自分が死んでいることに気がつかないテイトに
真実を知って欲しくて精神科医のベンに診せた。
でもちょっと矛盾するかな?
テイトは傷つきやすいから真実を知らせたくないって言ったのは
コンスタンスじゃなかったっけ?
死の事実を受け入れさせるってことは
自分がした罪も全て思い出させるってことでしょ。

前回の予想は外れ、ヴァイオレットは真実を知ってしまった。
その彼女に紹介されたのは霊能力者のビリー。
確かに彼女って本物。
アディとの仲介役となって、コンスタンスの気持ちを伝えられた。
アディに時折することは虐待って思うけれどね。
あれはコンスタンス自身が怒りをコントロールできないからかも。
愛と怒りとやっぱり複雑だな。

グロかったのはヴィヴィアンがブタの生の内臓、それも最後は脳?を
食べるシーンだったな。
そもそもブタって生で食べたら駄目でしょ(汗)
ヴィヴィアンのお腹にいるのは悪魔?みたいだから食べるのだろうけれど。
でもグロイと言いつつ、ヴィヴィアンがナイフとフォークできちんと
食べているのを見て、食事前だったのでお腹空いたなぁって
気になってしまった(大汗)

ま、結局、ブタ男とブタの内臓かぁ(苦笑)
関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: American Horror Story
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。