海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
Luther [DVD] [Import]Luther [DVD] [Import]
(2011/10/25)
Steven Robertson、Golda Rosheuvel 他

商品詳細を見る


後編。

警察が犯人を捕まえ事件は終わったかと思いきや
新たに地下鉄構内でまたもや惨劇が繰り返される。
しかも犯人の顔は既に捕まっている男と瓜二つ。
今回、犯人は逃げる途中で財布を落としていく。

その頃、ルーサーはトビーの死体と、血まみれで動揺している
ジェニーと共に家にいた。
この事の成り行きにルーサーが恐れるのは
警察よりもトビーの祖母だった。
ルーサーはジェニーに彼女を守ると約束する。
トビーの車を隠さなければならないが、まずは疑われないよう
ルーサーは仕事へ行き、彼の留守中にジェニーに家を掃除させる。

惨劇現場でルーサーの到着を待つリプリーとグレイ。
グレイはルーサーの行動を上に報告するか悩んでいたが
相談したリプリーが頼りにならず、痺れを切らし彼に詰め寄る。
ルーサーが到着し、グレイはルーサーに模倣犯の犯行の可能性を問う。
だが現場を見たルーサーは、犯人は2人いて競い合っているのだと言う。
ルールが分かれば犯行を阻止できるとルーサーは思っていた。
犯人たちの絆が濃いと感じていたルーサーは
地下鉄構内の監視カメラの映像で犯人たちが双子だと確信する。
今は犯人の財布に残されていた日付の情報しかない
どこかのホテルのカードキーが唯一の手掛かりだった。

手帳のスコアの仕組みを調べていたベニーとリプリーは
犯人たちが殺人と殺害場所、手段等で点数を加算し
経験値を得て新たな武器を得るために
次のステージへ進んでいると分析する。
すでに犯人たちはナイフやハンマーを犯行に使用しており
残っている犯人が次ステージで手に入れるのは銃か爆弾か…。
だが手帳は無作為な数字の羅列で書籍暗号化されていて
それを解くには鍵になる本と同じ本を探さなければならなかった。

ルーサーは一旦、署から家に戻り
ジェニーにトビーの車をある場所で乗り捨てさせる。
そして自分は麻薬売人リストを持ってフランクに会いに行き
トビーが会いに来なかったと言い、トビーへの伝言を伝える。

その後、逃げている犯人の泊まっているホテルがわかり
リプリーとそのホテルの部屋で落ちったルーサーは
パスワードとなる本を直感で探し出す。
リプリーはルーサーに問題は解決したかと尋ねる。

その後、ルーサーはトビーの祖母とフランクとスケートリンクで会う。
2人の話の様子から、トビーのことが感づかれたたと直感したルーサーは
ジェニーに電話し、家からすぐ出ろと指示する。

++++++++++++++++++++++++++++

 
前回、犯人とそっくりな男の顔を見て
ああ~~!、双子なんだ!!とショック。
そして何より、あんな酷いことする人間が
2人もいたんだーってことにまたもやショック。
こんなことできるなんて、悪魔そのものとしか言いようがない。
しかも、サイコロでなんでも決めないと駄目で
強迫観念症なのかなって思ったら
本当にスコアつけてゲーム感覚で人を殺してたんだって
いうのだから救いようがない。
犯人たちは精神を病んだ双子の“引きこもり”だった。
そしてこの“引きこもり”って言葉、もはや日本語のまま
世界で通用するの?とそれもビックリ。

少ない手掛かりで犯人の名前もなかなか判明できず
殺人ゲームで競いあい、なんでもが賭け事な犯人たちの
心理を利用することを考えるルーサー。
このドラマの面白いところって、やっぱり犯人との心理戦。
そういう点では前回の犯人より、今回のほうが
心理的にもわかりやすかったかも。

そして一番の見どころでどう展開させるのかまったくわからず
ほんとに息を飲むシーンだったのが
ルーサーと爆弾を身にまとった犯人との対決。
犯人が手に持ったスイッチを押した状態のままじゃないと
爆弾が爆発するという仕組みの爆弾。
犯人がもしもスナイパーに撃たれたら、スイッチが手から離れ
ボーン!!と爆発。
機動隊は爆発するのに被害者が少ない場所を選ぼうとするけれど
被害者が1人も出て欲しくないのがルーサーの心情。
そこでルーサーが捨て身で犯人と一対一の対決をするのだけれど
ルーサーが何を考えているのかわからず
作戦なのか、ただ犯人を捕まえる機会を得る為に
時間しのぎで行動しているのかわからず。
しかもルーサーが予期してなかったに見えたトラックへの
犯人の誘導。
これがね~、最後の最後でルーサーの頭の良さを
改めて実感してしまう。
すごいとしか言いようがない!

今回はこの事件とジェニーがトビーを殺しちゃった事件と
両方でドキドキ。
ジェニーを助けるための作戦も、あっちの事件と一緒に
考えなければならなくなったルーサー。
怖いのは警察よりトビーの祖母。
これもちょっとした小細工(トビーの祖母にフランクとトビーに
イザコザがあったと思わせたこと)を入れたのは感心。
でも、うまくいきすぎかも??
トビーの祖母への脅し文句も、だったらもっと前に言っちゃえば?と
思ったりして(汗)

それでも、どう解決させるのかドキドキもので面白かった。

グレイの上司への密告も、グレイにしたら正直な行動を取ったのだけれど
今ではルーサーの真の相棒となったリプリーがルーサーに助け舟。
そのせいでグレイは逆に上司から睨まれちゃった。
事件に関してはちゃんと捜査してプロらしかったグレイ
ルーサーを恨んだままになっちゃうのは惜しい。

アリスはついにシーズン2では事件に関わらず。
シーズン3ではどうなるのだろう?
早く放送始まって欲しいな♪
関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: Luther
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。