海外ドラマでおなかいっぱいにしましょう。毎週、観ているドラマの中から、特に面白かったドラマのエピガイ&感想を書いているブログです。
http://kaidoradaisuki.blog97.fc2.com/
admin
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近のコメント

プロフィール

ぽっこ

Author:ぽっこ
海外ドラマが大好き♪ 毎日、美味しいドラマに酔いしれています。
それと甘いものもだーい好き(o^―^o)ニコ

記事のほとんどは追記部分以降に感想書いてあります。いっしょくたに書いちゃったのもたまにありますが(汗)
感想にはネタバレにが含まれますのでご注意下さい。




*管理人の判断により、TBを削除させていただく場合があります(文字化けしている場合など)。ゴメンナサイ。

カウンター

カテゴリ

ランキング

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
Criminal Minds: Sixth Season [DVD] [Import]Criminal Minds: Sixth Season [DVD] [Import]
(2011/09/06)
Shemar Moore、Matthew Gray Gubler 他

商品詳細を見る


ニューメキシコ州ラスクルーセスのゲート・コミュニティで
2ヶ月に3人の主婦が自宅で絞殺される事件が起きる。
3人目の犯行は昨夜で、被害者オーブリー・ジェイコブズは
夫と娘が寝室で寝ている間に書斎で殺されていた。
2人目の被害者の家族も犯行時、裏庭でキャンプをしていて
犯人にとってリスクの高い犯行だったが
そのスリルが快感なのだと思われた。

防犯がしっかりなされているコミュニティ内の犯行で
犯人は内部の者だと考えられたが、ここで問題が発生する。
担当刑事によれば、どの家庭の収入や社会的地位もほとんど同じで
プロファイルが成り立たないのだった。

そこで新たな視点を取り入れるため、ロッシはFBIの訓練所に行き
捜査に協力してもらうため、優秀な新人の訓練生アシュレー・シーバーに会う。
しかしロッシがアシュレーに会ったのは、彼女が優秀だからではなく
彼女の過去に関係があった。

ロッシはアシュレーをB.A.Uに連れて来てホッチに会わせる。
ロッシとホッチは以前、アシュレーの父親であるシリアルキラーを
逮捕していたため、アシュレーとは顔見知りだった。
ホッチは今回の事件で通常のプロファイルが難しいため
統計的に見て犯人に子供がいるであろうと睨み
同じシリアルキラーの子供という立場であるアシュレーなら
子供の変化に気がつくと思っていた。
しかしホッチたちはアシュレーをチームに加えるのではなく
質問をして終わらせるつもりだったが
アシュレーは自分の目で見なければ、コメントのしようがないと言う。
ホッチはロッシと顔を見合わせ、アシュレーに今回だけチームに加えると言い
単独行動は絶対に許されないと釘を刺す。

アシュレーはモーガンやプレンティス、リードたちに
自らシリアルキラー、チャールズ・ボーシャンプーの娘だと告白する。
チャールズはノースダコタで10年間に25人を殺害していた。
モーガンとプレンティスは戸惑いを覚える。

チームはコンサルタントとしてアシュレーを同行させ
ニューメキシコ州のオークツリー・ヒルズへ行く。
ゲートは警備部長のブリンクマンが管理していた。
担当刑事のルイスはチームの指示通り
モデルハウスに捜査本部を移動させていた。
モーガンとプレンティスは2人だけで
コミュニティの敷地内を見て回る。

ロッシたちはモデルハウスでルイス刑事が集めた資料を見る。
ルイス刑事もここの住人だった。
ルイス刑事はアルバカーキでFBIのセミナーに出席したことがあり
自らのプロファイルをロッシたちに話す。
しかしそれに当てはまるのは71人中64人だ。

ガルシアは64人の住人を調べるが、何も問題は見つからなかった。
ガルシアと話し終えたリードはブリンクマンから
住人を分析する前に詳しい自分に一言言って欲しかったと言われ
リードはブリンクマンを胡散臭く思う。
警察と警備関係は、サイコパスにとっては魅力的な仕事で
ガルシアが別個に彼らを調べていた。

モーガンとプレンティスはオーブリーの夫ドリューから
車庫のリモコン開閉器は5種類しかなく
誰でも5件に1件は開いてしまうのだと聞く。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

 
なんだか犯人がすぐわかっちゃったな(汗)

ゲートコミュニティ。
時折、映画なんかでも目にするけれど
周囲を塀で囲ってゲートを通って住宅街に入らねばならないから
防犯体制がしっかりなされているとのこと。
なんか、集落って感じもするな。
囲われていて閉鎖的で、そこだけの雰囲気ができあがっちゃっている。
こういうところって目撃情報とかすぐ伝わりそうなものなのに
誰も見てないなんて不思議。

と思っていたら目撃者って3人目の被害者だったんだよね。
それをパソコンの日記につけていた。
すっごい皮肉に感じる!

新しい出演者としてアシュレー・シーバー登場。
今回だけじゃもったいないなってキャラだけれど
やっぱり彼女、この後も出演するのね~。
それはキャラ的に興味深いしいいのだけれど
同時に制作費削減でJ.J降板させちゃったのに…ってことが頭に浮かぶ(汗)

アシュレーの設定は10年間に25人も殺したレッドモンド・リッパー事件の犯人
チャールズ・ボーシャンプーの娘。
アシュレーに対しては優しい父親で
何でも買ってくれたけれど、ペットだけは駄目だった。
手をつなぎはしたけれど、膝に乗せてもらったことはなかったとのこと。
アシュレーは父親の逮捕後、被害者の家族に謝罪したかったけれど
それができなかったって思いをひきずっていた。
終身刑のチャールズに対しては、一度も面会に行ってないが
憎もうとしてもできないのだそう。
犯人の家族も苦しみを背負っているんだね。
今は母親の旧姓シーバーを名乗っている。

リードはアシュレーに好意を抱いたみたい。
ここらへんでリードだって恋してもいいと思うけれど♪
ただあんまり2人がラブラブって姿も思い浮かばないけれど(汗)

アシュレー役の Rachel Nichols は「エイリアス」シーズン5で登場の
レイチェル役していた女優さん。
ドリュー役の Kenneth Mitchell は「ゴースト」のサム役していた。
ゴーストでの扱い、とんでもなく可哀想な扱いに思えた(汗)
そのうち鏡にも写らなくなっちゃうし
ファイナルシーズンは完全に忘れられてた気が(苦笑)

関連記事
スポンサーサイト
Genre: 映画 Theme: 海外ドラマ Category: Criminal Minds
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドラマでディナー, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。